京都東山散策

先週始めに、学生時代の友人と京都の東山散策をしてきました。まずは、創業320年の生麩一筋の『半兵衛麩』でランチです。
a0177453_944624.jpg
生麩づくしのコースです!
a0177453_993332.jpg
a0177453_9102290.jpg
a0177453_911695.jpg
a0177453_912697.jpg
a0177453_9125371.jpg
以前もランチを頂いたことがあるのですが、季節によってメニューに変化がないのでリピーターとしては残念ですが、もちもちの生麩はやはり美味しいです。

入り口付近には、年代を感じるお雛様が飾られていました。
a0177453_914505.jpg
お内裏様とお雛様がいる天蓋付きの座敷は京都御所のようです。お雛道具の豪華なことには驚きました。
a0177453_9154336.jpg
まるでドールズハウスです。細かいところまでいきわたった職人技を感じます。

さらに半兵衛には、お弁当博物館なるものが併設されています。豪華絢爛な塗物のお弁当箱たちが大集合しています。博物館自体は小さいですが見ごたえたっぷりです。

さてさて、食後は、友人が教えてくれたあじき路地という味わい深い路地を目指しました。レトロな雰囲気が漂っています。カフェや雑貨屋さんなどが立ち並びます。
a0177453_9164818.jpg
この日は月曜日で全てのお店が定休日だったので建物の中には入れませんでしたが、とっても優しい路地の雰囲気が伝わってきました。

その後、京都の七福神のひとつである六波羅蜜寺へ。
a0177453_9181595.jpg
ほど近くにある、幽霊伝説をもつ珍しい飴屋『みなとや』へ。
a0177453_9193882.jpg
琥珀色の綺麗な飴を頂くはずでした。が、、、残念・・・ここも月曜が定休日でした。

気を取り直して、祇園にある建仁寺前の浮世絵師の個人博物館へ。
a0177453_92103.jpg
御主人は有名な彫士のようですが、いませんでした。
その代わりに(?)ご近所の仲の良い(?)お友達が店番をしていました。
『営業時間は朝起きてから夜寝るまで』だそうです。

ほのぼのしているなぁ、なんてのんきなことを思っていたら、御主人は何処へ行ったかわからないらしい・・・。素晴らしい作品ばかりだったのですが、館内は少々雑然としていました。大丈夫かな・・・

向かいにある建仁寺へ。
a0177453_924517.jpg
a0177453_9263194.jpg
ここは、建仁寺両足院(半化粧寺)でも有名です。

本堂内へは初めて入ります。室内の美術品は複製されたものが多く撮影可ということでしたので、本堂の天井画を撮ってきました。
a0177453_9273092.jpg
龍の日本画が書かれていました。これは2003年に描かれた新しい試みのようです。歴史がないのは残念ですが今にも浮き出してきそうな龍はものすごいインパクトでした。

祇園の石畳をうろちょろ散策し、八坂神社の美肌水(湧水)で顔をなでて帰ってきました。地元の方にも人気の美肌水です!
a0177453_9294621.jpg
通るたび(といっても1,2ヶ月に一度くらい)につけて帰りますが、効果のほどは???
不明です^^
[PR]
by salasa9582 | 2012-03-01 09:38 | ぶらり
<< 心のこもったお料理 ドライパウダーのこしあん >>