フレンチビストロ

バレエでご一緒の方々と、フレンチビストロ『Chez Yoshi』にて、ランチを頂いてきました♪
このお店、通りがかる際にいつも気になっていました。

フランスで修行されたシェフで、お料理に対する熱意ある方のようなので楽しみにしていました。

☆スターター☆
a0177453_2212358.jpg
4種のお料理が所狭しと盛り付けられています♪これぞビストロ!

秋刀魚のマリネ、茄子とキャビアのカナッペ、生ハム、たらとジャガイモのガーリックバターのパン粉焼。どれもこれも美味しかったです。
プラス、カリカリに焼かれたバケットも頂くと、もうお腹いっぱいになるほどです。

ところで、このような盛で思い出すのが・・・

フランスのミディピレネー地方にある、最も美しい村のひとつ、
Saint-Cirq Lapopie(サン・シル・ラポピー)で頂いたフォアグラのプレートを思い出します。
こちらの地方は、フォアグラの産地です。
a0177453_2282089.jpg
このボリューム、同様にビストロですね!

☆スープ☆
a0177453_229231.jpg
かぼちゃのスープです。生クリームとバターが濃厚すぎず、軽すぎず、ちょうど良い具合です。こちらもペロリと頂きました。

☆メイン☆

本日は、お魚→黒鯛のポワレ、お肉→ポークの煮込みからのセレクトです。

うーん、、、やっぱりお肉ならラム!が良かったなぁと独り言のように考えていて、黒鯛と散々迷った結果、やはりお肉にしました。
a0177453_22102429.jpg
野菜の具沢山、ポークも絶妙な柔らかさでおいしかったのですが、付け合せのパスタが多かったかなぁという感じです。

こちらが黒鯛のポワレ、
a0177453_223132100.jpg
濃厚そうなソースとともに魚介類が色々入っていて美味しそうでした☆

ともにボリューム満点です。

☆デザート☆
a0177453_22112696.jpg
卵白のプリン、マンゴームース、グレープフルーツソルべ、柿のコンポート、キュウイの盛り合わせです♪こちらも盛りだくさん。

柿のコンポートが口の中でとろけます。これ、とてもいいです。
コンポートといえばリンゴやイチジクが多いですが、家でも試してみよう♪
白ワインとお砂糖でさらりと火に通すそうです。

とにかくボリュームが満点でお腹いっぱいでした。
お料理もシェフの熱心さが伝わってきました。
また機会があれば伺いたいです。

ご馳走様でした!

帰りに、これまたいつも気になっているアンティークのお店『Muse Antiques』へ立ち寄りました。
a0177453_22235430.jpg
(ガラスに映っているセブンイレブンと私の影の存在が、アンティークの雰囲気を壊しています><)

英国ヴィクトリアン時代の家具を中心としたお店です。
ランプ類も素敵なものがありました。

そのほか、グラス類、陶磁器類(スージークーパーなど)や、シルバープレイテッドのティーセットなど。英国のものが中心のようです。

アンティークの使い込んだ雰囲気はなんともいえず大好きです。
マホガニーのキャビネット、美しかったなぁ・・・♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-31 22:31 | 外食
<< 修学院離宮 往復60kmのサイクリング >>