近江狐篷庵の晩秋

今度こそ静寂な晩秋を味わおうと、滋賀県長浜市にある小堀遠州の菩提寺、『狐篷庵』へ行ってきました。長浜は遠州の故郷でした。

小堀遠州とは、豊臣秀吉、徳川家康、家光に仕えた茶人であり造園建築に才能を発揮した芸術家、文化人です。京都にも全国にもその美しい庭は健在です。

到着したときから周囲は静かな佇まい。なんて良いお天気で気持ちが良いのでしょう。
a0177453_14523774.jpg
a0177453_1454756.jpg
参道に着く前に真っ赤な紅葉がいっぱい。

参道を抜けると、
a0177453_14551973.jpg

苔には沢山の紅葉が落ちています。
a0177453_1456157.jpg

a0177453_1457596.jpg

a0177453_1502711.jpg
そして、山、海、船等を配した枯山水庭園
a0177453_1525821.jpg
自然の山の起伏を匠に利用した池泉回遊庭園
a0177453_1543481.jpg
この庭自体は遠州が生前作ったものなのか、誰が作ったものなのかわからないそうですが、静寂の中に穏やかさや暖かさを感じました。
いつまでも縁側に座って庭を眺めていたい、そんな気持ちになりました。

帰りには、懐かしのホワイト餃子(千葉県野田市発祥)のお店が近畿で唯一長浜にあるというので寄ってきました。まるで肉まんのような、まんまるで肉厚の皮の餃子は、ここ長浜でも健在でした。
a0177453_1572241.jpg
口の中がやけどしましたが、美味しかったです。ご馳走様でした。
[PR]
by salasa9582 | 2013-11-28 15:11 | ぶらり
<< 2年ぶりのもみの木 滋賀県東近江市の秋 >>