<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

立山黒部アルペンルート

夏休みに、立山黒部アルペンルートに2泊3日で行ってきました。実家から自宅へ帰ってくるときに立寄りました。

目的は、山での乗り物移動(男性陣は好きですよね。)とアルペンルート頂上の室堂での自然散策、そして黒部ダムの建造物と放水を見ることでした。今回は立山から入り、黒部湖までの往復をすることにしました。

拠点としたのは富山県魚津市です。実家からは移動距離430kmほどを爽快にドライブしました!

夕方に魚津到着も、お天気には恵まれずに立山霊山が望めるはずのホテルの部屋から見えたのは山の裾野と雲。。

翌日が思いやられると思っていたところ、翌日の朝は案の定、今にも雨が降り出しそうな厚い曇りです。そうはいってもお天気は運により、しょうがないと言うことで、予定通りにアルペンルートの散策を決行しました。


*~今回の往復ルート~*

立山駅(ケーブルカー)→美女平(バス)→室堂2450m(トロリーバス)→大観峰(ロープウェー)→黒部平(ケーブルカー)→黒部ダム湖駅(徒歩)→黒部ダム


このように乗物を乗継いで移動します。臨時便もいっぱい出ていましたがスムーズに移動できても片道2時間半弱はかかります。団体客も多いし、とにかく人で混雑しています。

乗物好きの男性陣が写真のシャッターチャンスを狙っている風景を多々みかけました。主人も例外ではありませんが^^
a0177453_1520127.jpg

本来であれば、駅ごとに降りて景色をみまわしたいところでしたが、往路での室堂の気温は11℃、視界は数メートル(通常は気温14,15℃。)でした。
なんともミゼラブルなお天気なので、あえなく通過し黒部湖駅へ向いました。ダムは駅から徒歩10分ほどです。

雨は降っていませんが相変わらずの厚い雲。良く表現すると、雲の流れ行くさまによって山々が見え隠れして幻想的です。
a0177453_1521507.jpg

当時の日本の叡智を集結させて建造したダム。大迫力です。高さ186mとその中間地点ほどの高さから水煙を上げながらの放水には圧巻です。
a0177453_15232865.jpg

人々の汗と、時には命を懸けて建造したと思うと考えるものがありました。

私たちは、日本一標高の高い湖でガルベと呼ばれる遊覧船に乗りました。風をきりながら湖を一周し、30分ほどの遊覧です。最後の15分間には何故か二人とも爆睡(笑)慣れない早起きと乗物疲れでしょうか。

さて、時間も迫ってきているので復路へと向います。今度こそ、室堂で自然散策がしたいものです。

到着後、視界はかなり回復していました。

雲は流れながら、タイミングがよければ少し歩けそうです。
湧水で水分補給。
a0177453_1526304.jpg

そこで、10分ほど歩いたところにある「みくりが池」へ。
a0177453_15244214.jpg

もしお天気が良かったら、ブルーの宝石のように輝いて鏡のように透き通った景色なのでしょうね。また視界が悪くなってきたので引き返すことしました。
a0177453_15253178.jpg

少し散策できただけでもハッピー、ということで帰路につきました。

今回は、非常に想像力を掻き立てられる旅だったと思います。厚い雲に覆われた中で、青空に囲まれた景色を想像する。こんな旅もたまにはありますよね。

最終日の夕食に魚津港で水揚げされたお料理を出すお店へ。
a0177453_15272487.jpg

アンティークな雰囲気に囲まれて、最高に美味しい日本海のお魚を頂きました。
[PR]
by salasa9582 | 2011-08-30 15:38 | 旅行

王子と姫たち紹介

お盆すぎに数日間、実家に帰省しました。

相変わらずにぎやかな家族の一員に3匹の猫がいます。

♪一人目はラブ♂(白黒)8歳。
a0177453_184378.jpg

大型猫で骨太。顔は三角で目は透き通ったグリーン。尻尾は長く、ペンライトと言われる先端のみが白くなっている。
a0177453_1852012.jpg

Norwegian forest catのお坊ちゃま(今はオジサンですが・笑)。
通常のNorwegian forest catの特徴ではありえないのですが、性格は臆病で人見知りでおとなしい。

さらに人一倍寂しがり屋でヤキモチ焼き。「家政婦は見た」状態で覗き見をしていることもよくあります。部屋に入りたいけど、迷っている状態のときです。

この子は、弟を最も慕っています。そして忠犬ハチ公ならぬ、「忠猫ラブ」でもあります。毎日弟の見送りと帰宅のお迎えを欠かしません^^
a0177453_18135859.jpg

♪二人目はサラ♀(三毛)推定6歳?7歳?
a0177453_189555.jpg

顔の茶色と黒の八割れ、鍵しっぽ、が特徴的。

里親を探している方から譲り受けました。里親の方が保護したときは、目の状態が酷く、手術をしたそうです。
今でも涙腺がゆるいのですが目薬を差しながら元気に生活しています。

最近は食欲がなく、痩せたし、食べ方も食べた後も様子がおかしかったので心配していました。

父が病院に連れて行ったところ、口内炎ということが判明しました。

毎日、パジャマを着て母と寝ています。とっても甘えん坊です。
a0177453_1813483.jpg

♪三人目はパル♀(三毛)推定4歳
a0177453_18203615.jpg

ぴんと立った耳と口周りの模様が特徴的。三毛猫。

母が自宅近くの道で保護しました。瀕死の状態で見ていられなかったそうです。

すぐに動物病院に連れて行き、幸いにも重病ではなかったので、薬で治療をし、今となっては他の誰よりも元気に走り回っています。でも片目は見えていないようですが、彼女の行動を見ている限りでは、生活に不自由はなさそうです。(全員家猫です)

とても器用で、どんな扉でも開けてしまいます。人間の行動を観察し、行動に移すタイプです。人懐っこくて愛嬌があります。この子も甘えん坊です。

親バカ日記になってしまいましたが、本当に愛らしいのですよ。切がないのでここら辺で終わりにしようと思います。家族とともにいつまでも元気でいて欲しいですね。
[PR]
by salasa9582 | 2011-08-25 18:26 | 日常

おっさん

ついに、こんなに暑い夏なのに、、、

おっさんになってしまいました。。。

つまり、喉風邪のようなものを引いてしまいました。

だいたい風邪といえばこんな感じになるのですが、夏だったゆえに油断していましたね。

原因は就寝時の冷房でしょうか??

喉が痛いときは、抗菌、抗ウィルス、収れん作用のあるタイム、セージ、ジャーマンカモマイルで耐えています。これでも悪化したら病院へ行くことにしよう。
a0177453_16325872.jpg

[PR]
by salasa9582 | 2011-08-08 16:33 | 日常

ゆかたとお茶

先週中ごろ、友人にゆかたの着付けを教えて頂きました!

そのうち着付けを習いたいなぁ、、、
と思ってはや一年が経ってしまいました。せめてまずは浴衣だけでも!!と思っていたところ、偶然友人に教わることになりました。
a0177453_1622250.jpg

こんな感じに帯を結んで、完成!!一人で着れるなんてなんか嬉しくなりました。
着心地もとても良く締め付け感はありません。楽でした~。次回は浴衣姿でお出かけしましょう~なんて話していました!なかなか楽しいかも♪

せっかく友人に来ていただいたので、ランチ&お茶をしました。
写真はありませんが、ランチメニューは・・・

その前にwelcome drinkは、お酒の苦手な私たち向けに、特製レッドシャンパン♪スッキリ。

内容は、ハイビスカス、ローズヒップ、オレンジピール、ミントを濃い目のアイスティーにして+スパークリングウォーターで希釈します。

~ランチメニュー~
♪バターナッツの冷製スープとパン(ワインパン、ハーブパン、バターロール)
♪蛸のマリネ(淡路産の蛸)
♪鶏手羽元のオリーブオイルとハーブの蒸し焼き、ガーリックとともに
♪マチェドニアのアイス添え(ホーキーポーキー☆)

暑い夏なので目ためとお味の清涼感、さっぱり感を重視しました。お腹いっぱい~。

そして簡単にアフタヌンティー
~ティーメニュー~
♪スコン(パネトーネ風と普通のもの2種)とクロテッドクリームとベリージャム
♪赤ワインのジュレ
♪チーズケーキ
♪ロールケーキ

スコンは焼きたてのように熱々にしたので、一番上の段に置きました。
a0177453_1654511.jpg


ティーは、癖のないニルギニのアイスティーと、個性的なLe palais des thes(パレ・デ・テ)のBlue of London~Earl grey du Yunnan~を楽しみました。
ユーナンとベルガモットのハーモニーが、一風異なったearl greyを楽しめますよん。
ユーナン好きの私は、一般的なearl greyよりもずっと好きですねぇ!
できれば暑いままが美味しいのですが、当日はアイスティーにして飲みました。

ユーナンは初めてだった友人も楽しんで頂けたようで良かったです!
[PR]
by salasa9582 | 2011-08-08 16:08 | 食器とティー