<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一の傳@錦市場近く

今回は学生時代の友人と京都で集まるということで、京都らしい町屋つくりの『一の傳』でランチをしてきました。
a0177453_14564381.jpg

このお店は、昭和2年創業の西京漬けの専門店です。1階はお買い物、2階はお食事の造りになっています。

お店に入ると、ガラス越でしたがこんなかわいらしい坪庭を発見!
a0177453_1523558.jpg
オカメの形をした石がおかれています。それにしても、坪庭の存在は落ち着きます。

さて、客席もプライベート空間に近くてとてもリラックスできます。和室ですがテーブル席
(お願いしていました)でゆったりと頂きます。

では、スタート!!

*季節の前菜盛り合わせ
a0177453_1512424.jpg

チーズの茶碗蒸し(トマト、チーズ、アンチョビのせ)は発想は良かったかもしれませんが、せっかくの出汁の味がチーズやアンチョビで消えてしまって残念><

でも、無花果の天麩羅が初のお味ですが、かなり美味です。とっても甘い無花果の天麩羅にお塩・・・あまじょっぱさがなんともいえません。

*萩真蒸のお吸い物
a0177453_1510744.jpg

*芋、蛸、南京の冷やし炊き合わせ
a0177453_1511497.jpg

*銀だらの『蔵みそ焼き』
a0177453_15125090.jpg

最高~。みそが美味しい!もちろん銀だらも。相性が抜群だし、焼き加減もさすが最高です。ペロンと食べてしまいました。

*土鍋炊きのふっくらご飯、赤出汁、京漬物
土鍋で炊いたご飯はピカピカしていて本当にふっくらしています。(銀だらに夢中で写真なしです><)

*無花果のワイン煮 紅茶ジュレかけ
a0177453_1513419.jpg

トロリ甘い無花果は生でも十分おいしいけれど、このアレンジも良かったです。
洋風のコンポートよりも糖分控えめで優しく煮た感じでした。

この日も一日中、かなり湿度が高くムシムシしていました。
日本の気候にはこのあっさりとした食が求められてきたのだと改めて思いました。
実際、体にも優しく、すっきりとした味わいで全身に馴染んでいきます。
料理というものは、その気候風土に大きく関ってくるものだと感じました。

お料理もさることながら、町屋の雰囲気もとっても良かったです。まるでどなたかの家にお邪魔したかのような寛ぎぐあいでした。
[PR]
by salasa9582 | 2011-09-17 15:26 | 未分類

九月大歌舞伎@大阪松竹

市川團十郎さんと海老蔵さんの歌舞伎を見てきました。
a0177453_1113625.jpg

七月に新橋演舞場で海老蔵氏が復帰してから初の大阪公演でした。

親子の共演ということで楽しみにしていったのですが、七月のときとは演目もほとんど異なっていて、歌舞伎十八番『観進帳』が演目になっていない昼に行ったためか、全体的に控えめすぎて寂しかったです。

大阪での復帰だからこんなに控えめにしたのかどうかはわかりませんが、ちょっと残念な感じでした。

私たちはにわか歌舞伎鑑賞者ですが、ベテランのファンの方はどう感じたのかな?と思った公演でした。

歌舞伎の幕間で柿の葉寿司を頬張った私たちですが、終了後に道頓堀周辺を散策することにしました。(大阪松竹は道頓堀にあります。)
a0177453_11143923.jpg

実際、こんなにディープな大阪に入り込んだことはありませんでした。
a0177453_11153879.jpg
食い倒れの街で、主人おススメのお店があるということで食べ歩きをすることにしました。

まずは、金龍ラーメン。ここは屋台風のお店です。なんか落ち着きませんでした。ラーメンは良かったですが、どんぶりが陶器で出来ていて欲しかったですね。プラスティックだと味が半減する気がする・・・

ここのお店のうらにあの神座本店を見つけました。今度はここへ行きたい!

お次は、たこやき。あまり美味しいと思えるたこ焼きに出会ったことがありませんでしたが、ここのたこ焼きは、外はカリカリで中はトロリでなかなか美味しかったです。お店の名前は忘れました><

お腹もいっぱいで・・・食べ歩き終了のはずでしたが・・・

私が、金のトリカラ(からあげのお店)を見つけてしまい、テイクアウェイ。
ここは◎♪かなり気に入りました。鶏のから揚げが別腹な私って一体・・・><という感想はありますが、一口サイズの揚げたてのから揚げ(私にはチキンカツに感じますが)にお好きなスパイス、ソースをかけます。オリジナルスパイス、美味しかったです。

胃腸には厳しい食べ歩きでした^^
[PR]
by salasa9582 | 2011-09-14 11:18 | 娯楽

たまに食べたくなるラーメン@一幸舎

たまに無性にラーメンが食べたくなります。こんなときは、ここへ行きます。

京都駅にある、一幸舎です。博多と京都駅にしかないというお店です。

こってりスープ見えますが、意外とあっさりしています。煮卵は必須です。
とんこつ好きの方は、はまると思います!
a0177453_1040947.jpg

替え玉無料券を頂いてしまい、また行きそうです^^
[PR]
by salasa9582 | 2011-09-14 10:40 | 外食

嵐山散策

涼しく清清しい秋の様な気候が続いた時期に、嵐山を散策してきました。
湿度が低く、晴天の日に竹やぶを散策したらどんなに気持ちが良いのだろう、という期待を胸に・・・

野々宮神社から竹林の道を深呼吸しながら歩き、小倉山の南面にある大河内山荘へ向いました。
a0177453_163691.jpg

a0177453_1644369.jpg

ここは、昭和初期に銀幕で活躍していた大河内傳次郎の別荘です。
彼が34歳から生涯64歳までの30年にわたり、こつこつと作り上げてきた庭園です。

回遊式の庭園になっていて、ふと後ろを振り返ると嵐山と大乗閣(邸宅)の計算しつくされた景色、
a0177453_1655832.jpg
苔庭に映える質素な茶室。
a0177453_1674974.jpg
すべての景観が、自然と一体となった絵になって目の中に入ってきます。彼がどれだけこだわり、美を追求してきたのか、伝わってくるものがありました。

庭園の頂上付近と思われる市内展望台からは、京都市内、比叡山、大文字山が見渡せました。
a0177453_16103981.jpg

庭園は、思いのほかアップダウンが激しく、手入れされた自然が豊かで、半ば簡易なトレッキング状態となっていました。疲労というよりは、暑いです。やはり嵐山は暑かった。汗が流れます。

『山荘』という名称で気づかなければなりません。少なからず山に登るということに。
真夏はさらに厳しい気候だと思いました。

ここでは、入場料にお茶席料が含まれています。
a0177453_1693587.jpg
茶菓子は、ゆずの香り漂う最中、そしてキリッと渋みの効いた抹茶です。最高に美味しかったです。菓子は鶴屋吉信の大河内山荘オリジナルのようです。
a0177453_16113856.jpg

その後、懲りずに、小倉山の中腹にある常寂光院へ向いました。
小倉山といえば藤原定家が百人一首を選んだ場所とされていますよね。どこの山荘で選んだのでしょうか。

常寂光院は青もみじと苔がキラキラしてなんとも違う世界のようです。
a0177453_16131224.jpg

苔がこんなにも生き生きとキラキラ美しく見えるのは、やはり日本の湿潤気候域に生息しているからなのでしょう。

小倉山の中腹まで歩いてみました。
比叡山、大文字山、仁和寺方面も良く見えました。
a0177453_16142578.jpg

こちらは中腹に建てられいた二重の塔です。五重塔と比べるとかなりこじんまりしています。
a0177453_1615232.jpg

その後、亀山公園まで散策し、展望台から保津川を眺め、
a0177453_16171776.jpg

涼しげな気分になり、川沿いを歩くと涼しいかなと思い、川に近づきました。
a0177453_16184294.jpg

a0177453_161946100.jpg

さらに暑くなってきたので、清涼寺に行く予定も断念して帰ることにしました。
暑かったですが、夏の終わりに来る事が出来て良かったです。春夏秋冬、どの季節に来ても異なった表情を楽しめる四季は貴重なものだと感じました。

一面色づく秋が楽しみです。
[PR]
by salasa9582 | 2011-09-09 16:33 | ぶらり

ルバーブ

軽井沢のお店に注文していたルバーブ3キロが届きました!!

注文したお店は50年前に宣教師から譲り受けた株を栽培しているそうです。(どこの国の人だったのだろう??)

そして、1年のうち、7月くらいから9月いっぱいくらいまでの期間限定出荷です。
季節は終わりかけていますが、今年は注文できて嬉しいです♪

日本に帰ってきてからというもの、夏はとっってもルバーブが恋しくて恋しくて、インターネットで探していると長野県付近で栽培している農家さんを複数見つけました。

なるほど、長野県かぁ。日本は湿潤気候なので栽培が難しそうだなぁとは思っていました。

北海道は日本で一番栽培が適しているように思えますが、栽培して販売しているサイトを見つけることは出来ませんでした。味も英国に一番近くなりそうなのになぁ・・・。

まだまだ需要がないのでしょうか。

確かに、私も英国に住まなければルバーブをこんなに好きにはならなかったので、あまり日常的には需要がないのでしょうね。

まずは、ジャムを作りました。パイも作りました。
パイは横着さが全面に出て失敗!でもお味は◎(←自分で褒めてしまいました)
バニラアイスを添えて見た目をごまかします。お味はベストマッチですよ~。
もちろん単品でも◎(←褒めすぎ)

ルバーブは洗った後に水を切って、刻んでからしっかり密閉して冷凍すれば、かなり質が保てるということで3キロ注文ました。これでいつでもルバーブが食べれます~。
a0177453_2059375.jpg

[PR]
by salasa9582 | 2011-09-08 21:02 | お料理

Pain au bacon

ただのベーコンパンです(笑)ベーコンがいっぱい余っていたのでちょうど良かったです。

ベーコンの焼けた香ばしさが食欲をそそります。魚料理やチーズ、サラダとも合います。この硬さ具合も好きです。
a0177453_173529.jpg

とってもシンプルなパンです。材料はフランス粉(今回は強力粉で代用)、塩、水、イーストのみです。お食事のお供にぴったりですよね。

クープがもっと綺麗に入れられたらいいのだけれど・・・。
[PR]
by salasa9582 | 2011-09-02 17:35 | 食器とティー

鉄観音乃烏龍茶中之珍品

タイトルが漢字だらけになってしまいました。

主人が中国に出張に行ったときに買ってきた、中国茶の説明書の一部です。
なかなかわかりやすい!!冒頭にこのタイトルの文章が書いてあり、残りの説明はホニャララ〇×△□・・・。

天福銘茶という有名な中国茶屋さんで買ってきてくれました。茶葉の産地は、やはり福建省です。
a0177453_1763832.jpg

一番おススメのお茶を選んでもらったらしい。高品質な中国茶は、香りも、味も最高なのですよね♪うふふ~

パッケージを見ると、入れ方やお茶の説明が中国語のみで書いてありました。漢字と数字を見て、正しく入れることができました。
(お湯の温度90℃、蒸らし時間は1煎目は1分、2煎目以降は10秒です。)

お店で店員さんに尋ねたところ、茶葉3g~5gで8煎も飲めるらしいです。そういえば中国茶って紅茶と違って、何度も同じ茶葉で飲めますよね。
a0177453_1773971.jpg

数年前に習った、中国茶の入れ方を思い出し・・・
a0177453_1784513.jpg

はぁ、なんと極上な香り♪・・・まるでお花のようです。例えるなら、ユリかな・・・
それに後味は、なんともいえない軽い甘さが爽やかです。水色は透き通った薄い黄緑色です。とても美しい色。

1煎目は香りが良く出て、2煎目以降はしっかりとした味を楽しむ・・・8煎も飲みたいのでゆったりと味わいます。お腹もタプタプ。でも幸せ~。
a0177453_17104996.jpg

本格的な中国茶器が欲しくなってしまった今日この頃です。
しばらく自分の様子をうかがいます(笑)
a0177453_17123970.jpg

↑こんな感じの茶盤と中国茶セット。こんなに沢山なくても1セットだけでも、雰囲気が出ますよね!

他にも中国緑茶があるのでこちらも楽しみ!またご報告します。
[PR]
by salasa9582 | 2011-09-02 17:20 | お料理

京都の奥座敷~貴船神社~

連日35℃近い残暑が続いていた今週始めに、涼を求めて『京の奥座敷』貴船へ。

水の神様が祀られているところなので、水が豊富できっと涼しいのではないかという期待を胸に向いました。

夏季から初秋期間中(確か9月30日まで)は清涼な川床での風情あるお食事も、貴船神社も大人気で、大混雑するエリアです。交通の便が悪いところですが、電車+バスで行くことをおススメされます。

しかし、私たちはちょっとした覚悟で車で行きました。神社の駐車場も25台しか完備していないそうで、どうなるかな?月曜日だし、どうにか行けるかな?という思いで行きました。。

山奥に進むこと数分、道が狭くなり、明らかに車が1台しか通行できない道路でお互いに端によけて譲りながら、時には交通整理の地元の方に従って一方通行状態になります。

これが本当狭くて、お互いスレスレのいつ擦ってもおかしくない状況です。さらに人は道に溢れ、川床の送迎用のマイクロバスが通ったりで、ハラハラしました。
想像よりも遥かに過酷な交通状況でした。

幸運なことに、25台しか入れない駐車場に入れましたが、何台も駐車を断念して帰っていく車を見かけました。私たちが訪れた時間は昼時でしたが、早朝でしたらもっと快適に駐車場までたどり着くでしょうね。

さて、今回はカメラを忘れました。。。こんなに必死の思いできたのにショック・・・

ところで、川床は本当に風情がありますね。

道端から竹製柵を覗き込むと、なんとも涼しげで優雅にお食事をする方たちが覗けました。次回来るときはお食事をしたいですね。

水の音ってどんなに聞こえていても雑音になることがないですよね。心地よい~。水も冷たくて気持ちいい!これはまさに、涼です!

貴船神社は、水の神様以外にも、紫式部も訪れたことで縁結びの神様としても人気のようです。熱心な乙女たちが、水占いに没頭していました。
a0177453_16363159.jpg

こちらは、貴船神社で頂いた御朱印。神社はほぼ楷書で記されることが多いです。美しく丁寧に書いていただきました。

休憩に立ち寄った「貴船倶楽部」では、特製抹茶パフェを頂きました!抹茶アイスが濃厚でほろ苦くて美味しかったです~。体が冷えました♪大好きなわらびもちや白玉なども入っていて十分楽しめました。生麩も入っていたら嬉しかったなぁ♪(贅沢もの!)

お店は暖炉があったりとログハウス風な休暇にはぴったりのお店でした。一休みにおススメです。

今度はカメラを持って行こう。。。

追伸 比叡山延暦寺に行ったときの御朱印です。芸術的です。
a0177453_16381639.jpg

[PR]
by salasa9582 | 2011-09-02 16:42 | ぶらり