<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おせち料理

おせち料理を習いに行ってきました。
今回の個人的な目玉は、白味噌仕立てのお雑煮です。

出汁やうどんなどの汁、アナゴの味付けなどもそうですが、お雑煮も土地によって特徴がありますよね。ご存知の方もたくさんいらっしゃるとおもいますが、京都は白味噌!この白味噌のお雑煮が本当に美味しいのですよね。

さて、今日はこのような新春のおもてなし料理です。
a0177453_16261133.jpg

<祝い肴>
・ごまめ 昆布茶まぶし

・数の子粕漬け

・黒豆 リコッタチーズ添え

・鴨肉グリル 牛蒡とバルサミコソース

・海老のオランダ揚げ

・紅白柿なます

雑煮 白味噌仕立て

蟹押し寿司

千代の糸(和菓子)

抹茶(一保堂)

5人1グループで調理実習のように調理していきます。各テーブルにアシスタントの方が付くので安心です^^私の担当は、お雑煮です。

使うお野菜は、京芋(海老芋とはまた別の野菜ですが見た目も味も良く似ています。)、大根、金時にんじん、うぐいす菜です。京芋は六方切、大根と金時にんじんは丸型で抜きます。各々ゆでて下ごしらを済ませます。

最後に昆布出汁で味噌汁を作ります。出汁の種類は好みのようです。京都では美味しい井戸水味噌を味わってもらいたく、そのままのお水と味噌で汁を作る料亭もあるようです。

ここで!

京料理に欠かせない白味噌は、京都の老舗の料亭、旅館、有名ホテルでも使われている『山利商店』の白味噌です。お正月前は注文が込み合うようで、11月中にはがきかFAXで予約を受け付けているそうです。
または、錦市場で『麩嘉』というお店でも扱っているようです。この時期は売り切れかもしれませんが><

『山利商店』は製造と卸のお店のようですが通常は直接買いに行っても買えるようです。(電話してみよう・・・)お正月が終わってから買いに行ってみよう!

さて、お雑煮です!!

塗りの碗を温めてから盛り付けです。一番下に六方に切った京芋、その上に軽くゆでた丸もち、大根は下に、金時にんじんは上に並べてのせ、味噌汁を注ぎます。そこに、うぐいす菜を添えて、からし、鰹節を添えます。

完成!!
a0177453_16271918.jpg

ふわっと白味噌が香ってきます。美味しい、優しい、シンプルですがやっぱりすごい味です。この白味噌の存在を長い間知らなかったことに後悔すら覚えます。以前、草喰料理のお碗で出てきたのもこの白味噌だったような気がします。本当に美味しいです。お正月でなくても食べたいです。

お雑煮で興奮しすぎましたが、こちらは祝い肴です。
a0177453_16284538.jpg
海老のオランダ揚げも作りましたが、この中のお料理は、あまり手間にならず作れそうです。どれもこれも絶品です~。黒豆に金箔がのってなんとも贅沢です。
a0177453_1630767.jpg

押し寿司も作ってみたかったの!見た目にも綺麗だし、おもてなしやお祝いの席にぴったりですね。押し寿司の型が欲しくなりました(笑)

そして最後に和菓子。
a0177453_16312559.jpg

こちらも紅白になるように、きんとん生地をアレンジしています。季節感が出ていて本当に綺麗です。御干菓子には、お祝いに欠かせない金平糖です。金平糖なんて長い間食べていませんでしたが、風味豊かでなんておいしいのでしょう!驚きました。

こちらは、1847年に京都百万遍に創業した歴史あるお店で、伝統を守りながら今日まで親しまれてきた日本で唯一の金平糖の専門店『緑寿庵清水』ものでした!

まだまだ知らないことだらけです。学べたことに感謝です。

日本のお料理は、本当に季節感を大切にしていると改めて思いました。(独り言:デザート以外にも砂糖の使用量が多くて甘めのものが多いのは気になりますが><)

見た目にも美しく素材の味をいかしているシンプルなお料理。でも実は下ごしらえを中心に手間がとてもかかっていますよね。

また一つ、京料理、日本料理の奥深さを感じた一日でした。
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-27 16:39 | お料理

神戸

昨日は、神戸在住の学生時代の友人が案内をしてくれました!

まず訪れたのは、『世界一美味しい朝食』で有名な北野ホテルです。
a0177453_18144055.jpg
ロビーはクリスマスムード全快です。
a0177453_18173241.jpg

今日はここのイグレック(Igrek)でランチです。レストランはお客さんで大賑わいでした。
頂いたのはパスタランチです。

♪新鮮マグロとアボカドのミルフィーユ 根セロリと林檎のサラダを添えて
a0177453_18183376.jpg

♪子羊のすね肉の煮込み ナヴァラン仕立てのパスタ 
a0177453_182013.jpg

♪マンゴムース、ヨーグルトシャーベット添え
a0177453_18222573.jpg

完食!優しい日本人好みのお料理でした。ご馳走様でした。

満腹の私たちは、異人館付近を散策することにしました。

まずは、ラインの館へ・・・
a0177453_18241924.jpg

こちらは市営で入場無料です。

他の館は、観光地化されていて残念な雰囲気もありましたが、『風見鶏の家』はおススメ!ということで入館してきました。
a0177453_18252472.jpg

明治維新の頃に、このような完璧な西洋の暮らしをしていたのは改めて驚きです。

高校時代の修学旅行で訪れた神戸でしたが、記憶には全くなかったのでとても新鮮でした。

さて、神戸といえば、気になっているパン屋さんがあります。
『Ca marche(サ・マーシュ)』です。
a0177453_18263397.jpg
通りから小道を抜けて、とても見つけにくい場所にあるにもかかわらず、店内はお客さんで溢れていました。
a0177453_1828154.jpg
穴場な立地にもかかわらずやっぱり人気なのね。

ゴルゴンゾーラのライ麦パンが美味しかったです^^米粉のバケットはこれから・・・

その後、地図に記してあったモスクがとっても気になったので、たずねてみることにしました。
a0177453_18292486.jpg

(モスクのドームは後ろの方にあります)

正面の入り口からは入れず、『見学者』と書かれた入口へ進むと、ムスリムの方が受付に座っていました。お祈りの時間でなければモスク内を見学できるとこのことだったので早速中へ。

ふっかふっかの絨毯に(これはペルシャ絨毯?!)本当にシンプルなモザイクに囲まれた祈りのスペースです。特別な信仰のない私は、お寺にも神社にも教会にも行くし、モスクにもいく。あらゆる宗教で共通しているのは、祈りの場は、空気が違うということです。キリッと張り詰めているけれどもなぜかリラックスできる不思議な空間です。歴史や文化、建築、倫理観、生活など深くかかわりのある宗教というものは興味深いですね。

帰りがけに、『イスラーム』という冊子をもらいました。相互理解を目的としてモスクを公開しているようです。

そういえば、以前にわかりやすく解説しているコーランの書を読んだことがあるのですが、また読み直そうと思いました。結構忘れている。

歩き疲れた後は・・・旧居留地にある大丸神戸のカフェラ(Caffera)です。
パリの街角にあるカフェをイメージしたようなお店です。
せっかくなので、普段ほとんど飲まないカフェラテを注文しました。
フィニッシュにふさわしくキレのあるまろやかなラテでした!

限られた時間でとても充実した時間を過ごせました!また来よう~♪
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-20 18:46 | ぶらり

ティーイベント

クリスマスティーのイベントに参加して来ました。

場所は、今までずっと気になっていた、サロン・ド・テ・ベルナルドです。
(リーガロイヤルホテル大阪内)
a0177453_14125133.jpg


名前の通り、ベルナルド(フランスのリモージュ焼の芸術的な磁器メーカー)のお店が併設されていて、全てその食器でティータイムを過ごせるという素敵なサロン・ド・テです。
通常の営業時は、好みのC&Sをセレクトできるらしいです。これもまた食器好きにはたまりませんね。

お店の雰囲気やインテリア、家具にもこだわっていて、モダンカジュアルなフランス的です。ホントに落ち着くのでこういうところ大好きです!英国のティールームとはまた違った落ち着きを与えてくれます。
a0177453_14135679.jpg
ティールームの一部しか写真でお伝えできないのが残念です。

さて今日のテーマはクリスマスティーということで、こんなゴージャスなセッティングが!
(ティーカトラリーとC&Sのセッティングが気になるとことですが、それぞれということで。)全てベルナルドのものです。
a0177453_14232713.jpg
このガラスのツリー素敵♪♪♪
ワレモノはこれ以上増やさないようにすると誓ったので目の保養で終了。

そして、その場でクリスマスティーを作ってくれるということで、ベースはアッサム、そこに赤ワイン、クローブ、シナモン、ナツメグ、オレンジを入れて少し加熱して出来上がりです。ホットワインにアッサムティーをいれたようなものです。
a0177453_14145644.jpg
お店の可愛らしいスイーツとともに頂きます。
a0177453_14155492.jpg
a0177453_14164248.jpg
一杯飲み終らないうちに、ぽっぽっぽーと発熱し始めて少々酔っ払い始めたので、ドリンク中断です(笑)結構アルコールを飛ばしてもらったのですがねぇ・・・

もう一杯は、ベルナルドの緑茶ベースのクリスマスティーです。
a0177453_14173220.jpg
オレンジの香りがしてきて心地よく、他のスパイスで体が温まります。

ここのサロン・ド・テは、アフタヌーンティーもあるので是非次の機会にでも試してみたいです。評判は上々のようです。混雑しにくい場所にあるし、ゆったり落ち着けて、結構穴場かもしれません^^♪
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-16 14:33 | 食器とティー

自転車で京都嵐山へ2

またまた行ってきました。先週末に自転車で嵐山へ!

初めてのときよりもかなりスピードアップしました。往路は、一時間半もかからずに渡月橋へ到着!時速18kmほどで走れたようです♪まだ遅いですが以前よりは、ましです。

さて、先週末はまだ紅葉の時期ということもあり、観光客でごった返していた嵐山でした。
気の毒なほどの車の渋滞と人人人・・・。

私たちの自転車はスイスイ~(注:マナーはしっかり守っていますよ^^v)

まず目指したのは、二尊院です。
紅葉は終わりかけていましたが混雑していました。
a0177453_214123.jpg

a0177453_2155362.jpg

お次は清涼寺へ。
a0177453_2164332.jpg
お茶屋さんの銀杏がきれいでした。
a0177453_218201.jpg


その後、大覚寺へ。
a0177453_2193857.jpg
豪華で上品な嵯峨天皇の離宮、広大な敷地に池と周辺の植樹の景観が綺麗で大好きなところのひとつです。桜の時期は本当に綺麗でした。

中庭のもみじです。
a0177453_2114982.jpg
a0177453_21162031.jpg

豪華で美しい襖絵です。このぼたんの襖が特にお気に入りです。
a0177453_21104411.jpg
桜模様もあります。
a0177453_21122245.jpg

庭園は中国の湖を模して嵯峨天皇が築造したものといわれています。
a0177453_21171913.jpg
a0177453_2121317.jpg

次は、広沢池へ。こちらは平安時代にお庭として作られた池が明治時代に修復されたもののようです。日本のためいけ100選にも選ばれているらしいです。そのような100選もあったのですね。
a0177453_21184947.jpg

桜の時期はとても綺麗だったので紅葉の時期が気になってきました。この山の形がなんとも風情があるのですよね。ドラマや時代劇の撮影でもよく使われるそうです。

そして、日没の時間を考慮し早めに退散。

突然の天気雨に見舞われて、渡月橋付近で大きな虹を発見♪
しっかりと全部かかっていました!
a0177453_21232717.jpg
色もしっかりと濃くて、まさに虹色!華やかでした。

復路も順調でした。往復50km以上走った割には元気だったので少しは体力が備わったのでしょうか^^それにしても爽快でした。

今度は大阪城に行こうかな~♪
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-08 21:39 | ぶらり

紅葉@真如堂

今週始めに、見ごろを迎えているという真如堂へ行って来ました。

しかし、途中でものすごく素敵なアンティークショップを見つけてしまい(こともあろうにセール中!)、1時間以上はロスしてしまったような気がします。興奮冷めやらず・・・^^

それはさておき、真如堂に到着。
a0177453_16532340.jpg

紅葉が見事でした。
a0177453_16544156.jpg
↑こちらは三門です。

境内の紅葉です。
a0177453_1657558.jpg
a0177453_16591677.jpg

a0177453_1704745.jpg

a0177453_172985.jpg
三重の塔と紅葉と落ち葉に光がさしたとき。
a0177453_16555751.jpg

見ごろが終わっている紅葉も多くありましたが、真っ赤なものも残っていてコントラストがとても綺麗でした。そこまで混雑もなく、のんびりと散策できました。
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-06 17:08 | ぶらり

北京

11月の末、数日間北京へ行ってきました。
訪れたのは、北京市内、近郊にある世界遺産です。

~頤和園~

もともと12世紀に貯水池として建設されたものでした。歴史を経て18世紀半ば、巨額の費用を費やし清漪園となったものの、アヘン戦争によって大半が荒廃しました。
19世紀後半、西太后の隠居後の離宮とすべく国庫を圧迫しながら再建され、頤和園と改称されました。

今ある姿は西太后が北京周辺にないお気に入りの風景を再現したものようで、贅沢三昧に過ごした離宮です。

湖に靄がかかり、幻想的です。
a0177453_1671013.jpg
盧溝橋を再現した橋。
a0177453_169262.jpg

美しい長廊と装飾。
a0177453_16105735.jpg

~明の十三陵~

ここは中国に存在する最大の皇帝陵墓群です。周辺は山脈に囲まれています。
a0177453_1614583.jpg

私たちが行ったのは、明代十三代皇帝の地下宮殿にある墓室がメインでした。
(写真は撮りませんでした)

~万里の長城~
a0177453_16161694.jpg

総延長8,851km。もともと秦の始皇帝が建造したということですが現存している大部分が明時代のもののようです。異民族の侵入や侵略に備えたものとされています。
a0177453_16174415.jpg


私たちは最も人気のある女坂を途中まで一時間くらいかけて往復しました。
思った以上の急勾配の坂や階段で、寒かったにも関らず体は汗ばむほどでした。
a0177453_16185612.jpg
登って来た位置から下を見下ろすと急勾配でちょっと怖いです。
a0177453_16194810.jpg


夕食はベタな全聚徳の北京ダックです。大好きな皮に、身もしっかりついていて美味しかったです。
a0177453_16222227.jpg

~天壇公園~

早朝から年配の方々が運動をしています。
a0177453_16235042.jpg
太極拳、扇子や竹刀のようなものを使っての運動、盆踊り(?)、バトミントンのようなものまで幅広い種目で体を動かしていました。彼らが皆生き生きしていたのが印象的でした。
a0177453_1625182.jpg
どうも地域によってコミュニティがあって毎朝と夕方に広場に集まるそうです。年配の方々は、姿勢がピーンと伸びていて感心してしまいました。私も混ざって運動をしたくなりました。特に太極拳(笑)

こちらは、明清時代の皇帝が神に収穫を祈るための祭壇(天壇祈年殿)
a0177453_1626580.jpg

地面で水と筆で趣味の習字(?)を披露する男性。
a0177453_16271013.jpg

~胡同散策~

胡同とは明代から続く北京の庶民の町並みです。こんな三輪車に乗りました。その後、徒歩で周辺を散策。
a0177453_16285934.jpg

~天安門広場~
a0177453_16304586.jpg

毛沢東の強い存在を感じます。
a0177453_16314936.jpg
↑毎年3月に人民大会が行われる国会議事堂。

~故宮~

1406年に明の永楽帝が建設し、清朝最後の皇帝薄儀まで皇帝の城でした。東西約750m、南北約960mの広大な敷地は高さ約10mの城壁と幅約50mの濠に囲まれています。この中には多くの宮殿があり中国古代建築が完全な形で残されています。
a0177453_16324742.jpg
 
大和殿↑は故宮最大の宮殿であり、故宮の正殿で、現存する中国最大の木造建築物でもあります。でも、日本の東大寺の方が大きいそうです。

また、ここは即位の式典、祝日の祭典、政令の発布などの重要な儀式が行われた所で、中央奥に皇帝の座所が設置されています。

~景山公園~

景山公園は故宮の北側にある人工の山です。

階段を登って頂上へ。広大な故宮が見渡せます。
a0177453_16445195.jpg
美しくて驚きました。
a0177453_16333377.jpg


北京市内中心部の夜景。
a0177453_16343823.jpg
増加し続ける車で大渋滞。高層ビルが立ち並ぶ。

この景色とは裏腹に、急速な発展について行けない人々の生活も垣間見ました。
短い滞在でしたが中国の首都、北京のほんの一部を肌で感じることが出来ました。
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-06 16:50 | 旅行

もみの木に新入り登場

もみの木に新たな仲間が入りました!
a0177453_15535892.jpg

頂いた木製のオーナメントです♪
スイスで購入したもののようで、ひげの長いかわいいお爺さんが6人です。
a0177453_15525651.jpg

早速飾り付けしました。

そしてこちらは・・・
a0177453_15545996.jpg

1m×1mのパッチーワークの作品を頂きました。手間のかかり具合は半端ではないです。こんな大作ができてしまうとは流石です。本当にすごいです。とっても可愛らしいです!早速、喜んで家に飾りました。

ちなみに私が製作したわけではありませんよ~><(言わなくてもわかりますね・笑?)
いつか私も作ってみたいですね♪
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-02 15:58 | 日常

まだ、見ごろではなかった頃の紅葉

2週間ほど前に、まだ早いかなぁとおもいつつ叡山電鉄に乗って鞍馬寺、岩倉実相院、曼殊院門跡へぶらりと行ってきました。今は紅葉が見所になっていますが、やはりこのときはまだ見所手前というところでした。

叡山電鉄は、まるでバスのような2両編成、単線の可愛らしい電車です。
その姿とは裏腹に、紅葉を待ちわびた人で電車は満員状態でした。

出町柳駅から鞍馬寺に向う路線には『もみじのトンネル』という有名な名所があります。
このときはほとんど紅葉していなかったのでベストポジションを確保した私たちには寂しいかぎりでした><。

まずは、鞍馬駅到着で徒歩で鞍馬寺へ。ロープウェーで頂上へは向わずに山麓付近をうろちょろ。空気が澄んでいて爽快です。
a0177453_11544381.jpg

a0177453_11554680.jpg

a0177453_11582324.jpg

その後、岩倉実相院へ。

叡山電鉄の岩倉駅から徒歩15分の位置にあります。
ここは鎌倉時代に建設された格調高い寺院です。代々、皇室から大きな支援を受けて栄えてきました。また、岩倉具視もここを借りて住んでいました。

彼が密談をしたり、日記を書いたりしていた部屋から望む庭園です。
a0177453_11594545.jpg
美しい庭園です。
a0177453_1214859.jpg

撮影はできませんでしたが、院内が本当に素晴らしいです。
薄暗い室内に、装飾された襖を隔てた庭園があり、そこから緑と日光が差し込み、ぴかぴかに磨かれ艶出しされた木の床に反射して部屋がわずかに光を帯びる様子と、そこから庭園を眺める絵のような景色はまさに陰影礼賛だなぁとしみじみと感じました。

このときは、人で混雑していたので今度ゆっくりと訪れたいものです。

次は、曼殊院門跡へ。

こちらも皇室一門の方々が住職であった格式高い寺院です。延暦年間(728~806年)に最澄が比叡山に創建したものを、1656年に一乗寺に移設したものです。

アクセスは修学院駅から徒歩20分ほどです。バスでも電車でも行きにくい場所にあるのに、人でごった返しておりやや残念。穴場なはずなんだけれど・・・。まぁ有名ですが。

静かに訪れたいところも、観光シーズンに混雑するのはしょうがないことですね。もっと穴場にいかなきゃ。こちらも今の時期の紅葉は見所なのですが、紅葉についてはいまひとつのところでした。でもこちらも整然と美しい庭園ですね。
a0177453_1232889.jpg

敷地を出てから周辺を散策中に、いくつかの真っ赤なもみじを見つけて嬉しくなりました。
a0177453_1254616.jpg

そして、、、どんなに寒くても最後のシメは・・・和パフェ!底冷えしていたこの日は、パフェを食べている人は誰もいませんでした(笑)

立ち寄ったところはというと、でっちん羊羹(竹の皮で包んである平たい羊羹)で有名な『一乗寺中谷』です。
最近は和菓子以外にも斬新な洋菓子にも力を入れているそうで幅広いメニューから選ぶことが出来ます。ランチのカフェメニューもあります。
a0177453_12114841.jpg

さてパフェには、そのでっちん羊羹をはじめ、豆乳プリン、お茶寒天、とうふ羊かん、白玉、アイス類で満たされています。でっちん羊羹は甘すぎず食べやすかったです。ペロリと平らげ、ごちそうさま!

次回は、満開のもみじをレポートできればいいなぁと思います!
[PR]
by salasa9582 | 2011-12-02 12:25 | ぶらり