<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ストール

友人が、ユニクロとオーラ・カイリーのコラボストールがあると教えてくれました!写真を見るととっても素敵だったので、私も見に行ってみました^^

何種類もある~~~!気持ちが上がりました。迷いに迷った末、この2種類にしました。
a0177453_17385799.jpg
教えて頂いたとおり、ポリエステルですが風合いがとても良いです♪しかもお買い得なのでいくつあってもいいくらいです。これから活躍しそうです!

教えていただきありがとうございました♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-01-31 17:40 | 日常

ブラシと櫛

最近ふと読んだ本に、『最近の人は髪の毛をあまり梳かさなくなった』という一文がありました。

はっっとしました!今はボブくらいの長さですが、以前ショートヘアにしたときくらいから手櫛がメインのお手入れ方法になっていました。実家の猫ちゃんたちも一日一度はブラッシングしているというのに!!

本当だ、確かに最近ちゃんと梳かしていない。

しかも私の髪の毛は、剛毛で癖毛で量が多く、さらに収まりがよくないという悩みだらけです。最近艶もなくなってきたような。。。><と感じていたときでした。

思い出してみると、昔使っていた豚毛のブラシもどこかへ消え・・・

ようし、こうなったら一生お手入れして使えるようなブラシを入手しよう!と決めました。

英国製のメイソンピアソンが気になっていましたが、日本の職人さんの作ったものがいいなぁと思いました。

ブラシはこちらです。
a0177453_1724774.jpg
『日本橋江戸屋』の髪多い人向けの猪毛のブラシです。髪のボリュームの少ない方は猪毛が硬いので頭皮が痛くなってしまうそうですが、私は案の定なんのその。頭皮のマッサージにちょうど良いくらいです(笑)

持ち手の木の質感もいいし、なんといってもこのブラシで梳かすと不思議とまとまります。嬉しい。

もうひとつ、こちらは主人用として『京都十三や』のつげ櫛です。
a0177453_1725648.jpg
これがまたすごいのです。主人用と兼用できるように楕円型を選びましました^^まだ使用して数日ですが、まとまりも良いし、優しい指通りになった気がします。こちらの櫛もお手入れをしながら末永く使えます。

二人の髪も艶が出てハッピーな状態を保てるようになるといいな。手作りのぬくもり溢れるブラシと櫛、ずっと大切に使っていきたいです♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-01-31 17:29 | 日常

イル ピンパンテ@祇園

祇園の石塀小路にあるイタリア料理『イル ピンパンテ』でランチを頂いてきました。
a0177453_11553122.jpg
このような路を通り抜けて小路に入ります。

このお店はたまたま付近を散歩していたときに(本当は半ば路に迷っていた)袋小路に入り込んでしまって雰囲気がとってもいい石畳の町だわぁ!
a0177453_11455075.jpg
というときに見つけたお店でした。外見からはイタリア料理のお店とは思えないほど日本です。
a0177453_11503955.jpg
いざ中へ。

内部はかなりモダンでしっとり落ち着いたリストランテの雰囲気です。

それでは、早速頂きます~。

♪Inizio 有機人参の温かいスープ
a0177453_11563458.jpg
やっぱり繊細に作っていらっしゃる・・・最後にしっかり濾しているのだろうな、、、など思いながら・・・

当たり前ですが、私の大雑把な人参スープとは違いますね・・・^^にんじんの甘さが引き立って美味しかったです。

♪Antipasto イベリコ豚肩腹肉のコンフィ 色々なピクルスと共に
a0177453_1214985.jpg
イベリコ豚とピクルスの相性が良いです。子カブのピクルスがとても美味しくて、これはいい!と思いました。家でトライしてみよう^^

♪Pasta 帆立貝柱と赤蕪を菊菜ソースを自家製タリオリーニで
a0177453_1158156.jpg
大好きなペースト。バジルもいいですが、旬の菊菜もぴったりです。ペースト好きなので菊菜でも作りますが、やはりこちらも丁寧に作っていらっしゃる。女性を意識してかガーリック控えめでした。個人的にはたっぷり入れるのが好み!周囲はかなり迷惑かもしれませんが(笑)プリップリのホタテの美味しいこと!肝も最高♪

♪Secondo piatto 美山産モモ肉コトレッタ 塩トマトのケッカソース 池西農園野菜を添えて
a0177453_11595156.jpg
モモ肉は鹿肉でした。引き締まったお肉はコトレッタにぴったりですね~。臭みも全然ありませんでした。トマトとバルサミコのソースもお肉とぴったりでした。

♪Dolce 紫芋のモンブラン 小柚子シャーベット添え
a0177453_1232361.jpg
紫芋のモンブランは見た目も美しく美味しかったのですが、ベースが固めのチーズケーキで、相性は・・・?でしたが、柚子のシャーベットは期待通り◎でした!

帰りがけに石畳にレトロな電灯を見つけました。
a0177453_1242926.jpg
町の景観を守り続けている場所があると、とても嬉しくなりますね。

建物が古くなれば修復し、内部は改装する。こういう考え方って英国の町並みや家に対する考え方や価値観に良く似ていますよね。持ち主の意識も高いのでしょう。

古いものが多いだけでなく、現代と繋げているというか、京都のそういうところがとても魅力的に感じます。
[PR]
by salasa9582 | 2012-01-27 12:17 | 外食

京白味噌

2012年もあっという間に明けました!今年もどうぞよろしくお願い致します。

さてさて、先月末の白味噌の味が忘れられない日々が続きまして・・・

ついに昨日入手してきました。
a0177453_20235430.jpg

錦市場の近くに所用があったので、『麩嘉』さんというお店で山利商店の白味噌を買ってきました!!500gで800円です。お麩屋さんなので、パンプキン生麩という気になるものもゲットしてきました。
a0177453_20245996.jpg

早速、白味噌のお雑煮を作りました。

今回のお雑煮は、昆布出汁、ねっとりサツマイモ(京芋のかわり)、大根、フルーツにんじん(金時人参のかわり)、大根の葉(うぐいす菜のかわり)という具合に完全にありあわせ状態です。六方切も型抜きもしていません。手抜きしています><

そして大切なのは、出汁と山利の白味噌の分量です。たとえば1カップの出汁に対して50gちょっとほどです。通常、この分量では大変塩辛くなってしまいますが、山利さんの場合は多めに使用します。

古来からの製法により、塩分が少なめ、常に糀が生きたままなので日持ちがしません。冷凍で保存して一ヶ月くらいが目安ということです。

さて、各々の野菜を茹でて取りおき、出汁に白味噌を溶いたものを少しの時間コトコトと煮ます。このことによって、とろみや濃厚さが増します。お餅も別途茹でておきます。

あり合わせの具でお雑煮ができました!!
a0177453_20273957.jpg

いつまでも飲んでいたい味噌汁です。なんて魅力的なお味なのでしょう!やっぱりこの味、大好きです。上質で濃厚な甘くない甘酒のような味です。糀の味が利いています。お餅との相性もバッチリです。季節に関係なくいつでも食べそうです。

新たな味の発見って嬉しいですね♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-01-11 20:42 | お料理