<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

友人とぶらり~奈良編~

京都をぶらりした翌日は奈良へ・・・

当日は、『曇り』の天気予報で朝方は肌寒かったのですが・・・
想像通り、友人が一緒にいると太陽が顔を出し、気温がぐんぐん上がってきました。

暑い・・・

まずは、花の御寺といわれる長谷寺へ。

参道には名物の草もちが売られています。ここは招き猫が店番をしているようです。
a0177453_146745.jpg
かなり気持ち良さそうにうとうとしていて店番どころではなさそうです。

長谷寺は、4月に『桜、サクラ、さくら』でも書きましたが、四季折々に違う一面を見せてくれます。

今回は、境内のあちらこちらに青もみじと紫陽花であふれていました。
a0177453_1471830.jpg
a0177453_1411492.jpg
a0177453_1413864.jpg
その紫陽花の数は、なんと8000株もあるそうです。

『昔の人は、紫陽花が色変わりするさまを、恋人の心変わりになぞられていたそうです。』
(長谷寺のパンフレットより引用)

なんとなくわかる気がします^^

本当?!

さて、奈良名物の三輪そうめんでにゅうめんランチを頂いた後は・・・
a0177453_14141485.jpg
室生寺へ向います。
このお寺は以前から興味があり、行ってみたかったのです。

電車からバスに乗り継ぎ、室生川の清流に沿って相当な山奥にやってきました。
a0177453_1415219.jpg
a0177453_14164352.jpg
室生寺は、厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の修行の場として女性の参詣を許したことから『女人高野』と親しまれているそうです。
a0177453_14193079.jpg
a0177453_14203385.jpg
境内に足を踏み入れると、原生林に囲まれた幽玄な世界が広がっています。
空気を吸い込むと、深い心地よさを感じます。

境内は奥深い山の中腹にあるため、石段が整備されています。
a0177453_14182669.jpg
この丸みを帯びて様々な形になった石段は、かつてどれほどの人を導いたのかと、思いをはせるほどの年月を感じます。

金堂(平安初期・国宝)
a0177453_14222845.jpg
外観の木の様子や、コケラ葺きのコケが遠い月日を物語ります。

内陣には国宝の如来像、菩薩像の各像が5体。
その背後にある大きな板壁には珍しい帝釈天曼蛇羅図(平安時代・国宝)が描かれています。
さらに運慶作といわれている十二神将が並びます。

灌頂堂(鎌倉時代・国宝)
a0177453_14234930.jpg
五重塔は総高16.1mと日本最小です。(平安時代初期・国宝)
a0177453_14254667.jpg
しかし、平成10年の台風により大きな損傷を蒙って、その後に修復したものです。

樹齢何百年とも思われる巨木があちらこちらにあります。
a0177453_14264752.jpg
これほどの木は、心を静めるし、なんというかエネルギーを感じる、としみじみ思いました。

本数の少ないバスの時間が限られているので、境内を全部巡ることはできませんでしたが、自然散策のウォーキング(ハイキング?!)をかねて、また来たいと思うお寺でした。

バスで最寄りの室生口大野駅まで戻り、ここで友人とお別れです><。

2日間の女二人旅、思い出深かったです。

また遊びに来てね~♪♪♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-06-28 14:41 | ぶらり

友人とぶらり~京都編~

今回は、一年ぶりに会う学生時代の友人と京都&奈良散策です!
来てくれて嬉しい~♪

数日前の台風4号と5号(熱帯低気圧に変わっても勢力大)が何処へ行ったのか??というほどの良いお天気♪徐々に太陽も顔を出し、絶好の観光日でした。
前日までの天気予報は雨だったのだけど??

相変わらずの晴れ女である友人に感謝です☆
私だけなら確実に雨です。

友人も京都のメジャーどころは見終えているので、それならば・・・
ということで、季節のお花も考慮しちょっと大人な散策をすることにしました。

まずはこの時期満開の様相を見せる、建仁寺両足院へ。
ここは昨年の6月『建仁寺両足院(半化粧寺)@祇園』にも書きましたが、池泉回遊式庭園に半化粧が満開になるときが年に一度とても華やかになります。

昨年は色づき始めでしたが今回はまさに満開でした。
a0177453_10385156.jpg
a0177453_1040249.jpg
しばし庭園鑑賞にひたってきました。

お次は、予約をしていた『粟田山荘』でランチです!
a0177453_1041168.jpg
a0177453_10455215.jpg
お腹減った・・・

通されたお部屋は茶室で小窓からはお庭が見えます。
a0177453_10423837.jpg
こじんまりした雰囲気に落ち着き、話も弾みます♪

頂いたのは、山荘弁当。
a0177453_10433318.jpg
今が旬の水ナスがとろける美味しさで、鯛のお茶漬けもペロリトいけました。

もちろんデザートは、くずもち&抹茶です。
a0177453_10442348.jpg
さっぱりと夏のデザートです。

ちょこちょこと寄り道をしながら、季節の風や景色を楽しみ、
a0177453_10474665.jpg
a0177453_10484595.jpg
向うは大本山東福寺塔頭天得院です。
東福寺といえば、通天橋が京都屈指の紅葉の名所としてあまりにも有名ですが、
a0177453_1050646.jpg
今日向うのは、その塔頭のひとつである桔梗の寺として知られる花のお寺です。
a0177453_10545349.jpg
杉苔に覆われ庭に咲く桔梗が楽しめる春と、ツワブキと紅葉が美しい秋の年二回のみ、特別拝観を行っています。

苔に覆われた枯山水の庭園に凛とした桔梗が顔を出しています。
a0177453_10513227.jpg
美しく剪定された松がその効果を倍増させているようにも思われます。
a0177453_1053712.jpg
ちょうど、住職さんがNHKの取材を受けていました。
a0177453_1057067.jpg
少々緊張の面持ちです^^。

次は、紫陽花を見に伏見にある藤森神社へ。
a0177453_1059474.jpg
こちらは、約1800年前に、神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深い古社です。
また、菖蒲の節句発祥の神社としても知られています。立派な本殿ですね。

さて紫陽花を観賞しようと思いましたら、なんと4時で閉園。。。
残念なことに、私たちは紫陽花の群生の中に入ることが来ませんでした。
あちらこちらに咲いているので、それなりに楽しむことが出来ました。
a0177453_111414.jpg
湧き水も発見!地元の方で引切り無しに、にぎわっています。
a0177453_1121489.jpg
不二の水・・・飲んでみました。ふわっと柔らかいお水です。
ティーをいれると本当に美味しくなることでしょう。

その帰りに、伏見稲荷や東福寺御用達のティーショップを発見しました!『椿堂茶舗』です。
素敵なお店構え♪
a0177453_1131671.jpg
ティーと聞けば素通りはできません。なんともいえない茶葉の心地よい芳香の『京都紅茶』と『和烏龍』を購入しました。
a0177453_114334.jpg
味わうのが楽しみです。

次回、奈良編に続く・・・
[PR]
by salasa9582 | 2012-06-27 11:12 | ぶらり

台風接近中の日は・・・

本日6月19日は、速度をあげて近畿地方に台風4号が接近中というわけで、中心付近の最大風速35m/sなんて言っているし、警報は出ているしで家でおとなしくしていることにしました。

和歌山や兵庫では大荒れのようですが、我が家付近では全く台風の様子はなく、夕方までに帰ってくるなら出かければ良かった・・・とかなり後悔しているところでした。

そんな気分だったので、スコンでも作ってティータイム♪

コストコで購入したレーズン1.3キロ分が一向になくならないので、レーズンスコンです。
(かなりネガティブな発想ですよね・・・)それにクロテッドクリームにブルーベリージャム。
a0177453_16445869.jpg
全く写っていませんがティーはトワイニングスのレディグレーです。

あぁ、風が強くなってきた・・・
[PR]
by salasa9582 | 2012-06-19 16:49 | 食器とティー

ロンドンから届いたクッション

船に揺られて2ヶ月ほど、、、デザイナーズギルドのクッションなどなどが届きました♪わーい。
a0177453_16284478.jpg
ロイヤルコレクションがセール価格になっていたので迷わずゲットしました!
日本に届いたのも友人のおかげです。本当に感謝です。どうもありがとうございました^^

なんといっても、刺繍とパイピング(という名称でいいのかな?)のデザインがとても気にいって一目ぼれです。
a0177453_16295692.jpg
生地の質感もとっても心地よいです。

クッションってなぜこんなに好きなんだろう。いつくあってもいい!
私にとっては食器みたいな存在かも^^♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-06-19 16:34 | 日常

みつ星製麺所@新福島

大阪の新福島にある『みつ星製麺所』というラーメン屋さんにやっといけました。

以前からずっといきたくて、初めて行ったときは臨時休業だったのであえなく断念!

ここは店名の通り、お店で製麺しています。麺の評判もかなり良いのですが、手間隙かけたスープもまた大評判なのです。
スープがうまく出来なかった日には休業してしまうほどです。

さて、11時半オープンですが、すでに10人ほどの行列が出来ています。
a0177453_1438544.jpg
でも回転が速いので15分ほど?で入店できました。

メニューは3種類。

つけ麺(麵は大盛り無料!)、和風ラーメン(Wスープ)、濃厚ラーメン(動物系中心)です。
私の好みはやっぱり、12時間豚骨と鶏がらを煮込んだクリーミーな濃厚ラーメンです!!!

どーん!
a0177453_14341346.jpg
スープを一口・・・

動物系のみでまとめているかと思いきや、ふわっっとほのかに魚系の香りを感じて、その後にはさっぱりしているけれど濃厚でクリーミーな動物系のスープが入ってきます。
本当に生クリームのようなふんわり感です。でも全然しつこくないし、もたれない。

美味しい~~~!

麵も、もっちもちで、麵を硬めでお願いしなくても、しっかり歯ごたえを残していてくれる。
これを期待していたので、あえてお願いしませんでした^^。
期待にこたえてくれるお店です。

麵とともに、ほとんどスープも食べてしまいました。

ごちそうさまでした~。星3つです♪

スープで全く胃もたれとか油やけとかおこしませんが、さすがにとっても腹持ちが良かったです☆☆☆
[PR]
by salasa9582 | 2012-06-19 14:38 | 外食

情緒溢れる、近江八幡

先日、近江八幡市をぶらりとしてきました。

まるで時代劇の中に出てくるような、こじんまりとした風情のある町です。
a0177453_1347629.jpg
a0177453_1348039.jpg
近江八幡市といえば、豊臣秀次の城下町であり、高島屋、伊藤忠商事、西武グループなどの企業の元となった近江商人発祥の地です。
日本の三大商人といえば、近江商人、大坂商人、伊勢商人ということです。

また、近江八幡を拠点として活躍したヴォーリズは、建築家でありながら近江兄弟社の創立者の一人としてメンソレータムを日本に普及させた実業家でもあります。
彼の建築が今なお保存されて続けています。
a0177453_13493833.jpg
伝統的建造物群保存地区はもちろんのこと、町が非常に綺麗に整えられていたのが印象的です。
a0177453_14404637.jpg
京都もそうですが、住人の方の意識の高さや町や歴史に対する彼らの誇りを感じます。

さらに、新名所としてバームクーヘンのクラブハリエの本店があります。
a0177453_13513798.jpg
a0177453_13524490.jpg

唯一、焼き立てが食べられるお店として大人気です。バームクーヘンにはそこまで思い入れがない私たちは、大混雑に敗北し、見物して帰ってきました。
カフェの雰囲気は素敵なので行ってみたかったけどね。

またいつか^^♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-06-19 13:57 | ぶらり