<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フレンチビストロ

バレエでご一緒の方々と、フレンチビストロ『Chez Yoshi』にて、ランチを頂いてきました♪
このお店、通りがかる際にいつも気になっていました。

フランスで修行されたシェフで、お料理に対する熱意ある方のようなので楽しみにしていました。

☆スターター☆
a0177453_2212358.jpg
4種のお料理が所狭しと盛り付けられています♪これぞビストロ!

秋刀魚のマリネ、茄子とキャビアのカナッペ、生ハム、たらとジャガイモのガーリックバターのパン粉焼。どれもこれも美味しかったです。
プラス、カリカリに焼かれたバケットも頂くと、もうお腹いっぱいになるほどです。

ところで、このような盛で思い出すのが・・・

フランスのミディピレネー地方にある、最も美しい村のひとつ、
Saint-Cirq Lapopie(サン・シル・ラポピー)で頂いたフォアグラのプレートを思い出します。
こちらの地方は、フォアグラの産地です。
a0177453_2282089.jpg
このボリューム、同様にビストロですね!

☆スープ☆
a0177453_229231.jpg
かぼちゃのスープです。生クリームとバターが濃厚すぎず、軽すぎず、ちょうど良い具合です。こちらもペロリと頂きました。

☆メイン☆

本日は、お魚→黒鯛のポワレ、お肉→ポークの煮込みからのセレクトです。

うーん、、、やっぱりお肉ならラム!が良かったなぁと独り言のように考えていて、黒鯛と散々迷った結果、やはりお肉にしました。
a0177453_22102429.jpg
野菜の具沢山、ポークも絶妙な柔らかさでおいしかったのですが、付け合せのパスタが多かったかなぁという感じです。

こちらが黒鯛のポワレ、
a0177453_223132100.jpg
濃厚そうなソースとともに魚介類が色々入っていて美味しそうでした☆

ともにボリューム満点です。

☆デザート☆
a0177453_22112696.jpg
卵白のプリン、マンゴームース、グレープフルーツソルべ、柿のコンポート、キュウイの盛り合わせです♪こちらも盛りだくさん。

柿のコンポートが口の中でとろけます。これ、とてもいいです。
コンポートといえばリンゴやイチジクが多いですが、家でも試してみよう♪
白ワインとお砂糖でさらりと火に通すそうです。

とにかくボリュームが満点でお腹いっぱいでした。
お料理もシェフの熱心さが伝わってきました。
また機会があれば伺いたいです。

ご馳走様でした!

帰りに、これまたいつも気になっているアンティークのお店『Muse Antiques』へ立ち寄りました。
a0177453_22235430.jpg
(ガラスに映っているセブンイレブンと私の影の存在が、アンティークの雰囲気を壊しています><)

英国ヴィクトリアン時代の家具を中心としたお店です。
ランプ類も素敵なものがありました。

そのほか、グラス類、陶磁器類(スージークーパーなど)や、シルバープレイテッドのティーセットなど。英国のものが中心のようです。

アンティークの使い込んだ雰囲気はなんともいえず大好きです。
マホガニーのキャビネット、美しかったなぁ・・・♪
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-31 22:31 | 外食

往復60kmのサイクリング

10日ほど前になりますが、嵐山から木津市までの全長45キロの自転車道(京都八幡木津自転車道)を制覇してきました。

自宅は、嵐山からの20キロ地点から5キロほど淀川を下ったところなので、今回のサイクリングは往復60キロとなりました。

嵐山へは往復50キロ。このプラス10キロは体にどう出てくるのか興味深々でした。

この日はお天気も秋晴れで暑いくらいの中、颯爽と風を切って気持ちよく走りました。
いつものように、かっこいい本格的なライダーが沢山走っていました。
(もちろん、追越されます^^。)

自転車道の終点に到着です♪
a0177453_1831961.jpg
嵐山のように公園になって開けているわけでもなく、なんとなく寂しい感じでした。
でも自転車道の終点だけあって次々とライダーが訪れます!

さてその後、ランチでお腹を満たした後は、今回は観光地に立ち寄る余裕はなく復路へ。

途中、猫のお昼寝しているところで一休み。
a0177453_1845326.jpg
気持ち良さそうにスヤスヤ寝ています♪

そして・・・自宅までの最後の10キロは、想像通り(?!)に結構きつかったです。
追い討ちをかけるように、夕方になって風も強くなり(しかも向かい風><!)、大変でした。

でも、無事に往復できました^^。
風が吹かないとサイクリングはとっても快適です!
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-31 18:07 | ぶらり

泉涌寺と御朱印袋と清水焼。

本日は、数日間続いた雨が上がり気持ちの良い秋晴れです。

ちょっと泉涌寺までお出かけ。
a0177453_17483195.jpg
泉涌寺の由来は、寺地の一角に泉が湧き出ていることからこの名がつけられたそうです。
皇室の菩提寺です。

以前も訪れたことはあるのですが、12年に1度の辰年に1ヶ月ほど開帳している特別拝観の舎利殿にきました。こちらは通常非公開です。
天井には狩野山雪作の『蟠龍図』(1647年)が描かれています。

以前、泉涌寺の御座所で御朱印用の袋を購入しました。
今、愛用しているオレンジの袋です。
ここの袋は様々な柄や色が豊富で素敵なのです。

同じく御朱印を集めるようになった母が、この袋を欲しがったので今回の訪問で購入しました。
a0177453_17495445.jpg
私の好みでピンクを選んだのですがちょっと可愛らしすぎるかな?
私にも可愛らしすぎ(?!)

もし、母が気に入らなかった場合には交換してもいいしね(?)♪

御朱印つながりなのですが、これは大覚寺で売っている御朱印帳です。
a0177453_17513855.jpg
狩野山楽作の牡丹図(襖絵)が描かれています。

コレもかなりのお気に入り!
今の御朱印帳が埋まったらこちらに移行する予定です。

話が反れてしまいましたが・・・

泉涌寺参道付近には、京焼、清水焼の窯元が多くあります。
帰りにお気に入りの俊山窯のお店へ立ち寄りました。
こちらの窯は、伝統工芸士の森俊山さんの作品です。
形や触り心地、重量感、絵付けが魅力的でつい手にとってしまいます。

本日は、お得な抹茶椀を見つけたのでゲットしました。
a0177453_175228100.jpg
桜の絵付けですが年中愛用しますよ♪

以前購入したマグカップはこちら↓
a0177453_17531593.jpg
口元の飲みやすさとほっこりした雰囲気がなんともえいません。
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-19 17:58 | ぶらり

自転車で嵐山へ(3回目)

秋といえばサイクリング!

昨年の秋には自転車で2度嵐山へ、1度宇治へ行きました。
今年は、遠出用に新たな自転車へ乗り換えました♪

先週末に、往復約50キロの嵐山までサイクリングに行ってきました。
秋晴れで最高のスポーツ日和でした♪

おぉ、軽~い、速い~で、時速約20キロ。1時間15分ほどで到着しました。
昨年の疲労はなんだったのか?!
自転車によって、ここまでスピードと疲労度に差が出るとは!!

まずは、神殿の造営が701年という歴史のある松尾大社へ。
こちらには、先日訪れた重森三玲作の庭園があります。
a0177453_1655539.jpg
その後、いつもの渡月橋です。
a0177453_16561691.jpg
この日も多くの人で込み合っていました。

そろそろお昼どきでかなりの空腹です。
下調べしていたラーメン『嵐』へ。
スープが少々ぬるかったのは気になりましたが、独自の豚骨ラーメンでなかなか美味しかったです!

さて食後は、大覚寺よりもさらに北の山の麓にある直指庵へ。
a0177453_16592742.jpg
ここは嵐山散策で徒歩で行くのは難しいほど距離があるので、自転車の場合はもってこいですね。

人もほとんどいないし、鳥の声と風の音が心地よく聞こえてくる静かな佇まいです。
a0177453_1713866.jpg
嵐山の魅力は、やはりこういうところにあると思います。もみじが本当にたくさんあります。
a0177453_1744654.jpg
色づく季節は格別に美しいのではないかと思いますね。

お地蔵さん(愛逢地蔵)もいました。
a0177453_1762161.jpg
帰路のサイクリング道でも気持ちよく走りました。
途中の休憩もドリンクを飲む程度なのですが、ふと空を見上げると、まるでブラックホールのような雲に驚きました。
a0177453_1775424.jpg
吸い込まれそう~。

復路も時速約20キロ。1時間15分ほどで家に到着。
昨年の旧自転車でのサイクリングとは比較にならないほど楽々でした。
秋のうちに木津嵐山自転車道を制覇します!木津へは往復60キロの道のりです。

ちなみに遠出用をリタイヤした自転車は、近場専用で乗っています~。
これでも普通のママチャリよりは格段に速いので^^。
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-19 17:13 | ぶらり

金峯山寺@吉野山

先週末、吉野山にドライブに行きました!

桜の時期と紅葉の時期には美しく色ずくであろう山の景色です。
a0177453_173731.jpg
a0177453_1715658.jpg
源義経が潜伏していた山で知られていますね。

あまり長い時間、山を散策する予定でもないので、まずは世界遺産にも登録されている金峯山寺を訪れてみました。
a0177453_174220.jpg
7世紀後半に開創された蔵王堂(本堂)は、焼失を再建を繰り返し、現存しているのは1592年頃に完成したものです。堂々とした佇まいで、巨木の柱をもつ建築には圧倒されます。
a0177453_1751812.jpg
写真はありませんが、本堂内には日本最大の蔵王権現像が3体祀られています。
特別拝観中で見学することが出来たのですが、これも巨大でインパクトがあります。
大変怖い形相の像ですが、悩みや苦しみの世界から救ってくれる慈悲深いお姿だそうです。

さてさて、こちらの御朱印も本当に素晴らしいです。
何度見ても、芸術性の高さにうっとりします。
a0177453_1761585.jpg
道端に、ヒガンバナが一輪咲いていました。
a0177453_17111187.jpg
群集で咲くのはもちろん華やかですが、グリーンの中に一輪だけ咲いているのも健気で美しいと思います。

帰りに駐車場で出会った猫ちゃんです。しっかりカメラ目線です♪
a0177453_1783545.jpg

[PR]
by salasa9582 | 2012-10-12 17:18 | ぶらり

ミニチュア トゥーシューズ

先日、とっっってもラブリーなミニチュアトゥーシューズを見つけました。

私が使っているグリシコの、手作りミニチュア版です♪
a0177453_1753221.jpg
大きさの違いは歴然!!小さいのに良くできています~。

かわいすぎます☆
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-01 17:54 | 日常

重森三玲邸庭園

京都大学正門の目と鼻の先にある、重森三玲邸庭園へ行ってきました。
a0177453_17344661.jpg
こちらは前日までの完全予約制です。庭園内は、管理されている遺族の方が説明をしてくださいます。
私が参加したときは全員で6人でした。

重森三玲は、昭和を代表する庭園家です。代表作は、東福寺方丈庭園、光明院庭園、大徳寺山内瑞峯院庭園、松尾大社庭園などです。また、茶道、いけばなの研究者としても重要な業績を残しています。

受付を済ませると、江戸時代建造の書院に通されます。
そこからは整然として美しい枯山水の庭園が絵画のように眺めることができます。
a0177453_1735496.jpg
a0177453_17365825.jpg
石は、やはり島を模しています。この石の扱い方が重森三玲の独特さです。石を縦に使い平行に配置しています。
a0177453_1739329.jpg
大きな天然石を27個も使っているにも関らず全く圧迫感がなく、むしろ品位のある豪華さを感じます。本当にお手入れが行き届いており、美しいです。

書院前庭園は茶室へと繋がっています。
a0177453_17381474.jpg
決して広い庭園ではありませんが、昭和を代表する力強い石とくモダンな苔の配置の枯山水庭園を楽しむことが出来ました。

その後・・・

すぐ近くにある吉田山にある吉田神社へ(山といっても丘です)。

こちらはいつくかの神社が集合しています。例えば・・・

菓子の神社である菓祖神社。
a0177453_1741105.jpg
境内にはなぜが、上半身裸でジャージを履いているラテン系の男性がストレッチをしていたので近づけませんでした。(笑)

さてこちらは、料理飲食の山陰神社。
a0177453_17424396.jpg
両方の神社ともに老舗の店舗名が刻まれていました。

不思議な信仰だと思いました。
[PR]
by salasa9582 | 2012-10-01 17:49 | ぶらり