<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

窯元のもみじ祭りと東福寺の紅葉

11月19日、京都の泉涌寺と東福寺の間にある清水焼の窯元が開催する『もみじ祭り』に行って来ました。
a0177453_1721748.jpg
『もみじ』はではなく焼き物を眺めてきました~。

私のお気に入りの森俊山さんの窯元も出店するとなると行かずにはいられません。

洋食器も大好きですが、日本の焼き物にもとても惹かれるときがあります。

アウトレットのものでしたので、さらにお買い得になっていました。
□20cmとφ20cmのお皿です。
a0177453_1722735.jpg
a0177453_1723118.jpg
手書きで季節のお花が描かれています。

もちろん、パーフェクトの作品もたくさん置いていて、普段よりもお買い得になっていました。高島屋などの百貨店でお目にかかる品々ですが、お気に入りがあれば、一年で一番お買い得な時期ではないでしょうか!11月25日までの開催です。

他にも10箇所以上で、焼き物を臨時に売り出していました。

帰りに、東福寺にある通天橋の紅葉の様子を確認してきました。とにかく人で混み合っていました。
a0177453_1725539.jpg
a0177453_17243754.jpg
今頃はもう真っ赤な景色が広がっているかな。(11月19日現在の東福寺通天橋)
[PR]
by salasa9582 | 2012-11-22 17:28 | 食器とティー

マールブランシュ カフェ@京都駅

先週、『茶の菓』でお馴染みのマールブランシュのカフェでティータイムをしました♪

サロンは、北山本店とJR京都伊勢丹、阪神梅田店にありますが、お手軽なカフェは京都駅にしかないようです!

このお手軽さが、またいいですね。

母は、マロンパフェ。
a0177453_15191232.jpg
私は抹茶オレです^^。
a0177453_15195699.jpg
マロンパフェは5口ほど味見しました。
マロンクリームは洋酒がきいていて大人の味です。私は結構好みのお味で好きです。

抹茶オレは、お砂糖は全く入っていなくて、抹茶をほんのり温かい牛乳で点てたようなお味でした。抹茶の香りもしっかりしていて、とっても美味しかったです。

家で試してみよう♪

ごちそうさまでした!
[PR]
by salasa9582 | 2012-11-20 15:21 | 食器とティー

紅葉はじまり!~仙洞御所、金戒光明寺、真如堂~

紅葉で有名な仙洞御所に行ってきました。

紅葉の時期はかなりの人気なので、応募が始まるのと同時に予約をしました。
今回は、数日間来ていた母と行って来ました。

当日は、11月12日だったので色付きには少し早いかな、と思っていましたが、京都御苑近くの鴨川沿いの木々をみて、もしかしたら綺麗かもね、と話していました。
a0177453_22465489.jpg
仙洞御所とは京都御苑の中にある御所のひとつで、もともとは皇位を退かれた天皇(上皇、院)の御所でした。

大宮御所は、1867年に皇太后のために女院御所跡に造営されたものです。
a0177453_17212694.jpg
現在は、天皇皇后両陛下や外国元首等が入洛された際の御宿舎として用いられています。

庭園は、北池と南池とに二分され、回遊式大庭園です。

~北池~ 
もみじ谷と呼ばれるエリアも含め、緑から赤のグラデーションが広がります。
a0177453_18213100.jpg
a0177453_1843879.jpg
a0177453_186223.jpg
a0177453_188028.jpg
苔も輝いています。

~南池~
a0177453_1892328.jpg
砂浜に見立てた石は、楕円形のやや平たい粒のそろった11万1千個ほどの石を池の中まで緩やかに敷き詰められています。
a0177453_1811119.jpg
柔らかな広がりを感じるこの景色が非常に美しいです。

あちらこちらでカラフルな季節を感じます。
a0177453_18115375.jpg

a0177453_1813822.jpg
a0177453_18142374.jpg
a0177453_21265536.jpg
その後、新撰組発祥の地である黒谷金戒光明寺へ。
a0177453_18164656.jpg
枯山水の庭園は色づきはまだでしたが特別拝観もできました。
a0177453_18184145.jpg
敷地のお隣にある、真如堂へ。
a0177453_18194622.jpg
a0177453_18255967.jpg
こちらは昨年に、
紅葉@真如堂でもレポートしましたが、名所です。

今年は、やはりまだ少し早いですね。

でも、ちょうど緑と黄色、赤が混ざり合った景色もまたいいものです。
[PR]
by salasa9582 | 2012-11-18 18:27 | ぶらり

英国展@阪急梅田店

嬉しいことに、友人がタイムリーな情報を教えてくれました♪ありがとうございました!
もうすでに終わってしまいましたが、阪急梅田で11月7日から1週間『英国展』を開催します、とのことでした!

さらに、今回の目玉はロンドンにある5つ星ホテル『サヴォイホテル』
a0177453_15413891.jpg
(写真は2007年のとき)からエグゼクティブパティシェが来て、焼きたてのスコーンを販売するということです。

サヴォイホテルは、2010年にリニューアルオープンされました。
アフタヌーンティーを楽しんだのは2007年のことだったので、そのときとはスコーンも一新されているのでは?!と思いました^^。

早速、開催2日目に行ってきました♪

さてさて、こちらもリニューアルオープンをしたばかりの阪急梅田店は、あらゆるところが人でにぎわっていました。
特に英国展が開催されている催し物会場はさらに大混雑です!

お目当てのサヴォイのスコーンにもかなりの長蛇の列で、ビックリ!!
・・・残念ながら断念してしまいました><。

でも、実際にスコーンを作っている様子をほんの少しですが見ることが出来て良かったです。生地を纏め上げる際にかなり捏ねていたので、強力粉を使っているスコーンかな、と思いました。あまりにもじっと見ている私に笑顔を向けてくれたパティシェの方が、写真撮影に笑顔で答えてくれました!
a0177453_15422642.jpg
マーティンさん、ありがとうございました~。今度はサヴォイのスコーン教室などを開催して頂けると、とっても嬉しいですね♪

開放感のあるイベントスペースは英国風のミニガーデンが再現され、
a0177453_1547812.jpg
ダリアやローズが可愛らしく咲いていました。
a0177453_15445061.jpg
a0177453_154331100.jpg
a0177453_1546089.jpg
a0177453_15481292.jpg
さらにこのスペースではスコットランドのバグパイプの演奏で、スコテッシュダンスが披露されていました。
a0177453_1549235.jpg
バレエシューズのようなものを履き、ジャンプしながらのダンスは相当きついと想像しますが、とても軽やかな足裁きで、つま先まで美しく踊っていました。体が上へと引き上がっています。凛々しいです!

そして英国展の賑わっている様子を見て、英国に興味のある方がたくさんいらっしゃるのだなぁとつくづく感じました。

忘れてはならない、コーンウォールのジャージー牛で作ったクロテッドクリームはゲットできました!
a0177453_15501864.jpg
家に帰ってから、思わずまたスコーンを焼きました^^。レーズンスコーンと奥に見えるのがかぼちゃスコーンです♪
a0177453_1551216.jpg

[PR]
by salasa9582 | 2012-11-15 15:56 | ぶらり

がんこ高瀬川二条苑

修学院離宮散策のあと、叡山電車に乗って出町柳駅に移動しました。

そこから鴨川を橋ではなく、亀石を飛び越えて渡り・・・
a0177453_20583052.jpg
京都御苑の向かえ側にある和歌の公家、冷泉家の一般公開へ。
a0177453_210349.jpg
その後、京都御苑へ。
a0177453_2112931.jpg
皇宮犬を見たのは初めて!

御所は一度見学したことがありますが、一般公開をしているので立ち寄りました。
御所内では生け花の展示がありました。

☆大覚寺嵯峨御流
a0177453_2192978.jpg
☆仁和寺御室流
a0177453_21124773.jpg
☆泉涌寺月輪未生流
a0177453_2115445.jpg
お花からはいつもパワーをもらいます。それぞれが大作です。

向かうは、日本料理『がんこ高瀬川二条苑』へ。

なぜここかというと、もちろんランチを兼ねているのですが、季節折々に表情をかえる高瀬川の源流庭園を散策するためです。
屋敷で庭園を眺めながらのお食事が出来きます。

この高瀬川源流庭苑は、
a0177453_2117288.jpg
1611年(慶長16年)、高瀬川開削者である豪商角倉了以がその源流に建設した別邸跡にある日本庭園です。
茶室の庭園は、小堀遠州作といわれています。
a0177453_21294448.jpg
高瀬川とは、鴨川の分流から取水しており、
a0177453_21185651.jpg
鴨川と平行に流れる人工の川です。
全長約10km、幅7m、水深は数10cmほどと浅く、京都から伏見間の物資の輸送を盛んにしました。

明治時代になって、山県有朋が当地に第二無鄰菴と称される別邸を建設しました。
a0177453_21203637.jpg
このときに庭園は、無鄰菴を作庭した小川治兵衛により改修されて現在に至っています。山県以降は、日本銀行3代目総裁の川田小一郎、元総理大臣阿部信行らが当地に別邸を構えていた歴史ある屋敷です。
現在、『がんこ』の向かいには、日本銀行京都支店があります。

さてさて、まずは庭園を散策したい気持ちを抑えて、お食事を頂きます。
a0177453_21215277.jpg
歩き通しで空腹でした。ゆっくりく寛いだ後は散策です。

庭園はというと、小川治兵衛らしく無鄰菴と同様に水の流れを匠に利用した清清しい庭園です。
a0177453_21235117.jpg
ただ無鄰菴と大きく異なるのは、鴨川から取水しているこの豊富な水量と流速です。
a0177453_2125732.jpg
a0177453_21272557.jpg
水のせせらぎにすっかり見入ってしまいました。

私たちのように庭園目当てで訪れる方も多いと思いますが、こちらでお食事のときは誰もが散策したくなる、そんなお庭です。
[PR]
by salasa9582 | 2012-11-08 21:40 | ぶらり

修学院離宮

週末は、少々早起きをして比叡山の麓に位置する修学院離宮などを散策してきました。

修学院離宮は以前から申し込んではいましたが、紅葉にはまだ早いかなと思っていました。
ところが、ここ最近の冷え込みが効いているのか、思った以上に色づいていました!

まずは、朝9時開始の見学者が50名ほど集合し、解説をしてくださる方について順路を進みます。最後尾には、しっかりと皇宮警察の方も付いています。

行動できる範囲内では、どこでも写真撮影可能なので思う存分写真撮影をして下さい、
とのことでした!

修学院離宮は上・中・下の3つの離宮からなり、上離宮背後の山、借景となる山林、それに3つの離宮を連絡する松並木の道と両側に広がる田畑とともに構成されています。

この連絡に配してある松並木は入念にお手入れされていて、まるで大きな盆栽のようです。
全ての形、がほぼ統一されています。
a0177453_12542273.jpg
借景とともに眺めるとまた格別ですね
a0177453_12523064.jpg
田畑は傾斜に沿って作られ美しい棚田を成しています。
a0177453_1256388.jpg
~下離宮~
a0177453_12591875.jpg
柿葺入母屋の数奇風造りの寿月観を囲むように庭園が広がっています。

~中離宮~

客殿には、霞棚と呼ばれ、桂離宮の桂棚、三宝院の醍醐棚とともに天下の三棚と称されている違棚があります。
a0177453_1313867.jpg
この霞棚は、互い違いに配された様が絶妙に美しいのです。

桂棚はまだ見ていませんが、今のところ、ここまで手の込んだ違棚は見たことがありません。
実物はさらに魅力的です。

また、こちらには祇園祭の鉾を描いた杉戸があります。
a0177453_1324037.jpg
~上離宮~
上離宮の御成門を抜けると石段を登ってきます。その頂上に隣雲亭があります。

振り返ると、あまりの景観の変化に驚きました。
a0177453_13452.jpg
眼下には浴龍池が展開し、京都洛中の町並みが望めます。
(グリーンの箇所は下賀茂神社です)
a0177453_1353195.jpg
木々も少しずつ色づいています。

浴龍池は舟遊びの場で、島々を廻りながら管弦や詩歌の会などが行われたということです。
a0177453_13305340.jpg
a0177453_1365910.jpg
島と島と結ぶ橋が色づいた木々と一体になった景色です。
a0177453_1382439.jpg
池に映った紅葉が彩りを一層際立たせます。
a0177453_1314167.jpg
約1時間半、3キロほどの清清しいウォーキングでした♪

雪の修学院離宮も大変美しいようですが事前に申し込みが必要なため、雪の日にあたるのも幸運が必要なようです。

散策も終わり、小腹をすかせた頃に『たまご工房』というこじんまりとしたお店を発見しました。
京都大原の自家農園で育った有精卵を使って、シュークリームやプリン、シフォンケーキの販売をしているということです。

黄身のみを使ったカスタードクリームに惹かれ、二人でシュークリームを注文し、その場で頂きました!
a0177453_1316673.jpg
濃厚で甘さも控えめでちょうど良く、かなり美味しかったです♪
薄いオレンジ色のクリームもとっても綺麗。
軽い運動のあとに美味しい幸せのひと時でした。

でも・・・代謝したカロリーは、ここで全て消費したように思います><!

その後の散策は、『がんこ高瀬川二条苑』へとつづく・・・
[PR]
by salasa9582 | 2012-11-05 13:31 | ぶらり