<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京都で待ち合わせ

学生時代の友人が京都に遊びに来てくれました!

来てくれて嬉しい~。

あちらこちらをともに散歩してきました。

『湯葉が食べたい~』というリクエストで、木屋町御池にある豆屋源蔵
a0177453_1644855.jpg
で川床ランチをしました。
a0177453_16191542.jpg
汲みたて湯葉や、手作り豆腐に焼き物、揚げ物、さらにデザートまでペロリと頂きましたよ。
a0177453_167398.jpg
外はすぐ鴨川です。

この日の前日から夏の風物詩である川床を始めたというラッキーな時期でした。
しかもランチはだいたい5月と9月しかやらないところが多いのでグッドタイミング!
少し暑かったですが良いお天気でした。

その後、高瀬川源流庭園(和食のお店『がんこ』のスタッフの方に声をかけて無料で鑑賞できます。)やちょっと歩いて糺の森(下鴨神社)を散策したり。

翌日は、哲学の道
a0177453_16103415.jpg
を寄り道しながら散策したり、高瀬川源流庭園と同様に七代目小川治兵衛の作庭した白河院庭園
a0177453_16125270.jpg
へ立ち寄ったり(こちらは宿泊施設になっており、施設の方に声をかけて無料にて鑑賞できます!立派なお庭です。)、平安神宮、青蓮院門跡に行ったりでした。

とにかく青もみじを始め、新緑がどこもかしこも美しい。
a0177453_1724163.jpg
a0177453_16181018.jpg
さらに翌日は、清水五条に始まり二条城や西、東本願寺などなど散策しました。

ランチに立ち寄った、老舗の山中油店が開いている町屋カフェ『綾綺殿』は町屋を古材を使ったままとっても素敵に改装されており、雰囲気が良かったです。

こんな家に住みたいと、自宅にするのなら・・・ここにあの家具を置いて・・・という妄想にふけてしまいました。

本命のフレッシュな油を使った定食も美味しかったです!
サックサクのプリプリ大海老フライをがっつり頂きました。
フルーティーなオリーブオイルをかけたアイスなどもあるようです。
気になる。

油店がお休みだったのと、カフェの写真がないのが残念ですがまた行きたいと思います。

連日、私は合流したり、離脱したりを繰り返していましたが、私よりも一足早く&遅くまで散策をしていた友人は、一日2万歩を歩いていたみたい。すごいわ^^。

いっぱい話しましたし、いっぱい歩きました!

是非また遊びに来てね~!
[PR]
by salasa9582 | 2013-05-28 16:27 | ぶらり

伊右衛門サロン京都@烏丸御池

1年少し振りに、ロンドンから一時帰国したお友達に会うことができました。

とても忙しい中にもかかわらず時間をとってくれて嬉しかったです。

伊右衛門サロン京都でゆっくりお話ができました。
a0177453_15133738.jpg
会話に夢中すぎてパフェの味はほとんど覚えていません!
ガトーショコラが主張していた気がします。ほうじ茶アイスも入っていたようです。

ロンドンはまだまだ寒そうですが体には気をつけて下さいね。
[PR]
by salasa9582 | 2013-05-28 15:17 | 食器とティー

GW後半 ~徳島県祖谷へ~

GW後半は、徳島県の最奥に位置する祖谷(大歩危、小歩危)へ1泊2日で行ってきました。

祖谷は、岐阜の白川郷、宮崎の椎葉村とともに日本3大秘境のひとつです。

吉野川を上流へのぼっていくと、1000m級の山々に囲まれた深い渓谷と翡翠色に輝く清らかな川、そしてその川に沿って白くて力強い岩が見えてきました。
a0177453_17595714.jpg
ここで私達は大歩危峡観光遊覧船に乗りました。
a0177453_1814154.jpg
目の前には清流と奇岩があり迫力満点です。
a0177453_181233.jpg
この大歩危、小歩危峡は1億年以上かけて結晶片岩を浸食して出来たといわれています。さらに吉野川は暴れ川として有名で台風時にはこの岩岩が隠れるほど増水することもあるそうです。

今は新緑と清流が美しいですが、そこかしこに厳しい自然を感じます。

その後、一大観光名所の『かずら橋』へ。
a0177453_1831083.jpg
a0177453_1845270.jpg
木の枝を幾重にも編みこんで出来た自然の橋です。
a0177453_1861878.jpg
実際に渡ってみると相当怖いです。とにかくみしみし揺れるし、枝があちこち切れていますし。でも思ったよりもかなり頑丈に作られていました。

祖谷は平家落人の里として知られています。
1185年に屋島の戦いに敗れた平家が山々を越え、この地に逃げ延びてきました。かずら橋も源氏が追ってきた際に切り落とせるように作られたとされています。

そういうことか!だから切れそうなんだ!

そして近くには、逃げ延びた平家が琵琶を弾いていたという『琵琶の滝』がありました。
a0177453_1873833.jpg
なんとなく切なさを感じる滝です。

かずら橋から歩いて数分のところに当日のお宿があります。
夕食は山と川の幸をたっぷり頂きました。やまめ、山菜、地鶏、キジ、名物のそばなど素材の良さを生かしたとっても美味しいお料理でした。

さて翌日は、祖谷渓名物の小便小僧から。
a0177453_1891816.jpg
深く切れ込んだV字谷で、底ははるか下です。
200m以上はありそうです。かつて地元の方が度胸試しをしたとされています。
覗き込んでみましたが、なんともいえない恐怖心です。足がすくみそう!
谷って本当にV字なんだなぁと改めて実感しました。

祖谷はとにかく秘境です。ここからは大型バスが通れない奥祖谷へ向かいました。
まずは、平家を学ぶために歴史資料館へ。

とにかく、こんな谷の斜面に家がある!というくらい急な場所に民家が沢山あります。
今では道が出来ていますが、当時はなく、自給自足の生活をしていたそうです。

周囲は深い山々です。こちらは重要伝統的建造物群保存地区の落合集落です。
a0177453_1812558.jpg
一番高いところで標高800mほどではないかと思います。高低差400mの斜面に民家や神社や畑があります。

さらに車で先へ進むと、『二重かずら橋』があります。
a0177453_18151342.jpg
平家の馬場での訓練に通うため架設したといわれています。男橋と女橋の2つのかずら橋ふがあります。もう渡りなれました!ずいぶん寒いなぁと思ったら知らないうちに標高1000近いところにいました。

さらに車を走らせると、日本百名山のひとつである剣山があります。
a0177453_18103968.jpg
この山は、ロープウェイに乗って、そこから1時間ほどで山頂まで行ける初心者にも安心の山と聞いていたので、行ってみたいと思いましたが、お天気が怪しくさらに寒くなってきたので家に帰ることにしました。

高速道路までの山道もとにかくせまく厳しい道のりでした。
時速20キロほどで1時間半走ってやっと徳島道までたどり着きました。

かなり濃厚な秘境の旅になりました。
日本ではまだ見たことのない景色で驚きの連続でした。

今度こそは剣山に登りたい♪
[PR]
by salasa9582 | 2013-05-27 18:21 | 旅行

GW前半 ~沖縄へ~

梅雨入りする前の沖縄に3泊4日で行ってきました!

沖縄周辺の離島には何度か旅行していますが、本島に降り立つのは初めてでした♪

那覇空港に降り立ってレンタカーを借りて、まずは首里城へ。
a0177453_10515069.jpg
琉球王国の文化と歴史を感じました。

高速に乗って本島北部の名護市で宿泊。
ディナーは、ステーキコースにてがっつり頂きました!

翌朝・・・今日も良いお天気♪バルコニーからはターコイズブルーの海が見えます。
a0177453_10534084.jpg
a0177453_10542349.jpg
幸せ~

さて、2日目はちゅら海水族館から行動開始です。水族館は海洋公園内にあります。
猫発見♪
a0177453_10584559.jpg
世界一の一枚アクリル板の水槽。
a0177453_10555597.jpg
この水槽を上から見ることが出来ました。
a0177453_10571719.jpg
裏方を見せてくれるなんてこんな水族館初めてです。

その後、運転は私がすることにしました。あれほど『沖縄の運転は任せておいて』と豪語していましたが、いざとなると弱気に・・・。

でも30分ほど運転すると慣れて楽しくなってきました♪
まずは、沖縄そばで腹ごしらえです!手打ちのモチモチさで人気というお店へ。
a0177453_1101790.jpg
ほんと、美味しい♪

それから・・・橋伝いに行ける離島めぐり開始。
a0177453_1114272.jpg
瀬底島、屋我地島、古宇利島。この古宇利島の橋は本当に芸術的で運転していて感動の景観でした!ドライバー目線で絵が撮れなかったのが本当に残念><!

その後は島をひたすら北部へ。

長寿日本一の村、大宜味村の道の駅で一休み。
村特産のシークワーサージュースを頂きました。
もともとかなり酸っぱい柑橘ですが、お砂糖を入れずにフレッシュなものを飲めて最高でした。

ちなみに旦那さんは私の分までガムシロップを入れても酸っぱいと言っていました。

さらに北上!辺戸岬へ。

絶滅危惧種のヤンバルクイナに出会えるかなと思いましたが、なかなか簡単ではなかったですね。見かけたのは、体格の良いカラスだけでした。

慣れない運転で疲れた私は、道路の側溝に左前輪が落ちそうになったのに気づかなかったということで、運転交代!

助手席最高。旦那さんの運転はかなり安心して乗れるわ。
私とは全く違う滑らかな運転になぜか今頃衝撃を受ける。

名護のホテルへ戻りディナーはあぐー豚の蒸し煮定食!
またまたがっつりと頂きました。

3日目の最大のイベントは、真栄田岬で青の洞窟スノーケルと熱帯魚の餌付け体験です!

残念ながら全く写真がありませんが、ここ最近では、どんなアトラクションよりも興奮度マックスに楽しかったのです。

洞窟には、まず岩づいたいにごつごつしたところを歩いていきます。これが思った以上にスリリングでした。巨大な洞窟に到着したところで水の中へ入ります。
足ひれ、ゴーグル、ライフジャケットを着ているのですが、さらにインストラクターが持っている浮き輪につかまります。

指示があるまで目を閉じて下さいといわれ、数秒後・・・連れて行かれた先は・・・

言葉では表現しきれないくらいターコイズの光り輝く青の洞窟でした!自然の力に感動しました。

毎日ブルーの濃淡が違うそうです。

少し足ひれにもなれて、今度は熱帯魚に麩(えさ)をあげます。
洞窟から出て広い場所へ。中を覗くと水族館みたいで驚きました。カラフルなお魚が触れるほど近くへ寄ってきます。
ディズニーアニメのストーリーにも使われたニモもいました。かわいい~

初のスノーケルはかなり盛り上がりました。また海に入りたいぞ!

沖縄そばで昼食をとり、島南部へ足を伸ばした後は那覇市のホテルにて宿泊です。
夕食のゴーヤチャンプルがとっっっても美味しくて!
家で再現したくなりました~。ゴーヤ最高。

最終日の4日目は市場へ立ち寄り、豊かな食文化を感じました。
a0177453_1131618.jpg
海の中で見たような熱帯魚がたくさん。
a0177453_1171762.jpg
a0177453_1195651.jpg

沖縄、、、また行くぞ~
[PR]
by salasa9582 | 2013-05-16 11:20 | 旅行